« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/31

Frida Kahlo An Illustrated Life

Fridakahloillustratedlife


Frida Kahlo An Illustrated Life
By María Hesse, translated by Achy Obejas

University of Texas Press, September 2018
150 pages 6.5 x 9.5 140 color illustrations
$21.95+postage to Japan (192-01)

エルネスト・チェ・ゲバラに引けを取らないほど、そのイコンが世界中に出回っているフリーダ・カーロ。イラストで再構成したフリーダの絵を添えて、彼女が巡った人生を一人称で語る。2017年に刊行された「Frida Kahlo: Una biografía」の英語訳。

Fridakahloillustratedlife2_2

Fridakahloillustratedlife4

Fridakahloillustratedlife6

Fridakahlounabiografia
スペイン語版「Frida Kahlo: Una biografía」(入手可)

Inspirado en las vivencias de la icónica pintora mexicana, Frida Kahlo, este libro ofrece un hermoso paseo ilustrado por su vida y su obra.
Frida fue algo más que dolor y angustia. Quiso ser fiel a su arrolladora personalidad y se convirtió en una artista llena de vida. Su pintura es fiesta, color, sangre y vida. Fue una luchadora que decidió ponerse el mundo por montera y una mujer apasionada que no se conformó con estar a la sombra de su gran amor, el pintor Diego Rivera. Frida decidió vivir con intensidad, tanto las desgracias como las alegrías que le deparó la existencia.

A María Hesse siempre le han gustado los niños y la ilustración. En el año 2004 se diplomó en Magisterio de Educación Primaria, especializada en Educación Especial, en la Facultad de Ciencias Educación de la Universidad de Sevilla. Sin embargo, después de unos años trabajando como docente, comprendió que la ilustración era una pieza muy importante en su vida, así que se matriculó en la Escuela de Arte de San Telmo (Málaga) y desde entonces se desempaña como ilustradora. Frida Kahlo. Una biografía es su primer álbum ilustrado.

2018/07/18

GARDENING WITH OSCAR OIWA: New Paintings

展覧会カタログ

GARDENING WITH OSCAR OIWA: New Paintings
Arizona State University Art Museum, 2006
Paperback
Book Condition:Fine
Dust Jacket Condition: Dust Jacket Included
US$25+US$32.50 postage to Japan (191-01)

Oiwa_1_2

Oscar Oiwa, Pooch, 2004. Oil on canvas, 90" x 270". Courtesy of the artist. Photo credit: Yozo Takada
This exhibition (Oct. 14, 2006 - Feb. 17, 2007 at ASU Art Museum) of Oscar Oiwa's paintings, the first in a U.S. art museum, is another installment in the ASU Art Museum's expanded initiatives for exhibiting and interpreting Latin-American art. Oiwa, a Brazilian artist of Japanese heritage, studied in Japan and the United Kingdom. He currently lives in New York.

With considerable technical expertise, Oiwa records the impact of globalization with beautiful paintings about cultural collision, environmental degradation, dehumanizing slums and violence through attrition. His vision portrays a world on the precarious edge of oblivion. Influences in his work come from Japanese art - both the byobu screen with multiple panels and contemporary manga, and from the West in varied forms, including Anselm Kiefer, Claude Monet and science fiction film.

About the Artist
Oscar Oiwa, a native of São Paulo, studied in Japan and London. In 2002 he was the recipient of a Guggenheim Fellowship, which took him to New York. The artist is represented by Thomas Cohn Gallery, São Paulo.
ASU Art Museum Presentation
Organized by Marilyn A. Zeitlin, Gardening with Oscar Oiwa will be installed in the Arizona State University Art Museum's Nelson Fine Arts Center location and will be the artist’s first U.S. museum solo exhibition.

*****
大岩オスカール個展「光の満ちる銀座」が、東京画廊 + BTAP(東京・銀座)で開催される。同画廊では、2009年に北京で個展を行って以来、9年ぶり二度目の個展となる。

大岩オスカール「光の満ちる銀座」
2018.7.21 (sat) - 9.22 (sat)

2018/07/04

「チャビコロわんちゃん」 「アンリーのドライブ はるののはらへ」

 画家の佐々亮暎さん(1942年愛知県一宮市生まれ)が、絵本をだした。佐々さんの絵本に対する想いは、20代の頃、19世紀のイギリス人挿絵画家ケイト・グリーナウェイ(1846-1901)の絵本との出会いから始まった。グリーナウェイは、ドイツの伝承物語「ハーメルンの笛吹き男」や、英米の伝承童謡、「マザー・グース」の挿絵を残している。

 今年に入って佐々さんが上梓した二冊の絵本は、「チャビコロ わんちゃん はる の にっき」と「アンリーのドライブ はるののはらへ」。前者は、「チャビコロ わんちゃん くだもの と いっしょ に」(2017年)の続編にあたる。いずれも就学前の児童から、小学1・2年生対象だが、佐々さん曰く、「絵本」ではなく、「絵の本」と考え、子どもから大人まで、この「絵の本」を楽しんでもらいたいと。

 「チャビコロ わんちゃん くだもの と いっしょ に」は、楽しく数遊びができる。ベンチに置いてある帽子をひとつひとつ、体の模様も種類も違う犬たちが、かぶりながら、ページが進む。ベンチに残った帽子の数はいくつだろうと。それだけでなく、ページ毎に様々な果物も帽子の数に合わせて、鮮やかに描かれている。

 「チャビコロ わんちゃん はる の にっき」は、春に、地中から、池から、顔をだす生き物たちに興味を示す犬たち、空を舞う蝶々とたわむれる犬たちが、表情豊かに生き生きと描かれている。春の生命の息吹が感じられる。

 「アンリーのドライブ はるののはらへ」は、アリの一家がドライブするところから始まる。行くところ行くところ、アリの何十倍もある生き物たちと出会う。もぐら、かえるなどなど。生き物や花は大きく描かれ、その姿がよくわかる。

 佐々さんは普段の展覧会では、象徴主義的、形而上的な作品を発表するとともに、戯画的な作品も描いている。作家が潜在的にあるカプリッチョの好みが、「絵の本」に結びついている。

Img20170624224632524333

チャビコロわんちゃん くだもの と いっしょに 1 から 10
スタジオチャビコロ 作
さっさ りょうえい 絵
愛育出版 2017年7月
1,500円+税

Img20170624225208774166

チャビコロわんちゃん はる の にっき
スタジオチャビコロ 作
さっさ りょうえい 絵
愛育出版 2018年1月
1,500円+税

Img20180413230954101302

アンリーのドライブ はるののはらへ
スタジオチャビコロ 作
さっさ りょうえい 絵
美術年鑑社 2018年4月
1,300円+税

佐々亮暎
1942 愛知県一宮市に生まれる
1970 銀座・中林画廊にて初個展
1989 第41回立軌会展招待出品
以後 全国の画廊、百貨店にて個展・グループ展 多数

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »