« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月

2016/10/09

Ephemeral Histories: Public Art, Politics, and the Struggle for the Streets in Chile つかの間のヒストリー: チリのパブリックアートと政治と街頭闘争

Ephemeralhistoriespublicartpolitics

Ephemeral Histories:
Public Art, Politics, and the Struggle for the Streets in Chile

Camilo D. Trumper

Unjacketed Hardcover, 296 pages
University of California Press, July 2016
----円

 サルバドル・アジェンデ政権下の政治はストリート上で論争が行われた。

 毎日、“ganar la calle(ストリートを占拠せよ)”の試みは、幅広い都市生活者たちに、潜在する政治的オピニオンの声を上げさせた。サンティアゴの市民は、スローガンを謳いあげながらストリートを行進し、広場を占拠し、街の壁をグラフィティやポスター、壁画でうめつくした。直にポスターは破られ、グラフィティや壁画は塗り重ねられて、都市アートは数時間もしくは一日しか残らなかっただろう。しかし、そのような行動や運動は幅広い都市生活者たちを国政に参加させた。これらの大衆の政治戦略が展開されたことで、ピノチェット独裁政権下でデモクラシー考え直すことになった。

 本書は、都市闘争をチリの歴史の中心に置き、示威行動、抗議活動、ポスター、壁画、ドキュメンタリーフィルム、ストリートフォトグラフィーがいかに20世紀後半のラテンアメリカにおける政治変革の新しい形態の基盤となったかを検証する。

Camilo D. Trumper
ニューヨーク州立大学バッファロー校准教授。アメリカ研究・ラテンアメリカ史研究。

"Bold and original, built upon repeated acts of disciplinary transgression, Ephemeral Histories is a remarkable work of historical recuperation.  From graffiti and photography to architecture and urban planning, Trumper's range is astonishing. Bringing the physical space of Santiago--its streets and walls, its homes and neighborhoods--into sharp relief, Trumper reveals the array of forms, places, and everyday practices through which politics was made public in the turbulent eras of Allende and Pinochet. Rarely has the promise of interdisciplinarity been so vividly realized."- Raymond Craib, author of The Cry of the Renegade: Politics and Poetry in Interwar Chile

"With a sensitive eye for the ephemeral and the mundane, drawing from a diverse and neglected archive of public life, Trumper tells the story of a creative moment in Chilean and Latin American history, and explains the broad repression that followed it. His innovative approach to the public sphere offers new possibilities for a strongly conceptualized yet empirically rich history of politics and culture."-Pablo A. Piccato, Columbia University

"Trumper innovatively links familiar subjects to trailblazing and absorbing discussions of the UNCTAD building, photography, and posters during Salvador Allende’s “Chilean road to socialism,” providing great insight into the relationship between sociopolitical conflict, visual propellants and manifestations of discourse, and urban space. Ephemeral Histories is an original piece of scholarship that will push historians and other scholars to question some prevailing narratives on Chile during the late 1960s and early 1970s."-Patrick Barr-Melej, Ohio University

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ