« 「地中海の浜辺で」 ヤマダトミオ展 En la playa del Mediterráneo, Tomio Yamada | トップページ | Colección MAC: Una suma de actualidades »

2015/11/13

孤高のリアリズム ‐戸嶋靖昌の芸術‐ Realismo Solitario -El arte de Toshima Yasumasa-

 戸嶋靖昌(秋田県出身、1934-2006年)は、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)西洋画科に1953年に入学し、その後同校の彫刻科に転科するが、油絵制作は続けた。在学当時、教授には麻生三郎、森芳雄、山口薫たちがいた。1958年に卒業、教授たちの勧めで彫刻科の助手となる。

 麻生三郎の推薦で、1967年銀座・サヱグサ画廊で初個展を開く。1970年武蔵野美術大学の教授であった山口長男から絵画研究グループに誘われ、油絵制作・デッサン研究を行う。この年、三島由紀夫の自決事件をきっかけに、戸嶋は自身の死を考えるほどの危機を迎え、「冬の庭」など森を描くようになる。

 ベラスケス、エル・グレコ、スルバランなどのスペインバロック芸術に魅かれ、制作のために1974年スペインに渡る。マドリッド、アスナルカサル村に滞在する。その後の制作拠点となるグラナダに転居し、2000年の帰国まで居住した。

 戸嶋の没後の2007年、磯江毅が中心となる写実の絵画展「存在の美学」展に、磯江の強い希望で戸嶋の絵画が展示される。

孤高のリアリズム ‐戸嶋靖昌の芸術‐ 
Realismo Solitario -El arte de Toshima Yasumasa-

会期 2015年11月5日(木)-28日(土)
    月‐木 10:00‐17:00/金・土 10:00‐15:30
    休館日 日曜日 但し、11月23日(月・祝)は開館
会場 駐日スペイン大使館
    東京都港区六本木1-3-29
入場無料

主催 駐日スペイン大使館

« 「地中海の浜辺で」 ヤマダトミオ展 En la playa del Mediterráneo, Tomio Yamada | トップページ | Colección MAC: Una suma de actualidades »

Art Exhibition/展覧会」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ