« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015/11/22

Colección MAC: Una suma de actualidades

Coleccion_mac_una_suma_de_actualida


 チリのMuseo de Arte Contemporáneo(チリ大学美術学部付属)では、現在収蔵品展“Colección MAC: Una suma de actualidades”が2016年1月26日まで開催されている。

 1985年3月に発災したチリ地震以降、同館の収蔵品の多くは良い状態で保管はされていなかった。同館の1947年開館以来の新たな取り組みとして、2012年より収蔵品の念入りな調査が行われ、収蔵品目録も作成された。本展はその成果となる展覧会で、200点近く作品が展示されている。

展示品の作家名:

Agustín Abarca, Elías Adasme, Tótila Albert, Rafael Ampuero, Nemesio Antúnez, Graciela Aranis, Abelardo Araya, Herminia Arrate, Bororo (Carlos Maturana), Natalia Babarovic, Américo Balán, José Balmes, Gracia Barrios, Leonard Baskin, Samy Benmayor, Claudio Bertoni, Elsa Bolívar, Marco Bontá, Claudio Bravo, Roser Bru, Francisco Brugnoli, Paulina Brugnoli, Pablo Burchard, Abelardo Bustamante, Isaías Cabezón, Julio Calderón Fossa, Gloria Camiruaga, Luis Camnitzer, Carlos Canut De Bon, José Caracci, Ricardo Carpani, Mario Carreño, Leonora Carrington, Juan Carlos Castagnino, Sergio Castillo, Víctor Hugo Codocedo, Marta Colvin, Francisco Copello, Ana Cortés, Ximena Cristi, José M. Cruxent, Jaime Cruz, Valentina Cruz, Jorge Cruzat, José Luis Cuevas, Eugenio Darnet, Juan Domingo Dávila, Roberto De Lamonica, Gertrudis De Moses, Fernando De Szyszlo, Julio Ortiz De Zárate, Guillermo Deisler, Delia Del Carril, Eugenio Dittborn, Lorenzo Domínguez, Luz Donoso, Álvaro Donoso, Dinora Doudtchitzky, Juan Downey, Eduperto (Eduardo Pérez Tobar), Juan Egenau, Augusto Eguiluz, Virginia Errázuriz, Julio Escámez, Medardo Espinosa, Julio Fajardo, Carlos Faz, Víctor Femenías, Ernesto Fontecilla, María Fuentealba, José Gamarra, Lily Garafulic, Claudio Girola, Juan Francisco González, Arturo Gordon, Ricardo Grau, Boris Grigoriev, Oswaldo Guayasamín, Dorila Guevara, Álvaro Guevara, Alfredo Guido, José Gurvich, Cecilio Guzmán De Rojas, Patrick Hamilton, Carlos Hermosilla, Luis Herrera Guevara, Paulina Humeres, Friedrich Hundertwasser, Ennio Iommi, Carlos Isamitt, Alfredo Jaar, Käthe Kollwitz, Fernando Krahn, Lautaro Labbé, Luis Ladrón De Guevara, Juana Lecaros, Armando Lira, Pedro Lira, Enrique Lobos, Pedro Lobos, Kena Lorenzini, Pedro Luna, Jean Lurçat, Mele (Nélida Elena Bruniard), Sergio Mallol, Mateo Manaure, Hugo Marín, Eduardo Martínez Bonati, Pedro Luis Martínez, Roberto Matta, Gonzalo Mezza, Raúl Milián, Pedro Millar, María Mohor, Marcelo Montecino, José Moreno, Luis Navarro, Isamu Noguchi, Guillermo Núñez, Alejandro Obregón, Néstor Olhagaray, Rodolfo Opazo, Manuel Ortiz, Carlos Ortúzar, Arturo Pacheco Altamirano, Clemente Padín, Julio Palazuelos, José Pancetti, Hernán Parada, Violeta Parra, Matilde Pérez, Alberto Pérez, José Perotti, Emilio Pettoruti, Maruja Pinedo, Héctor Pino, Arthur Luiz Piza, Nicanor Plaza, Gustavo Poblete, Fidelio Ponce, René Porto Carrero, Dora Puelma, Inés Puyó, Benito Rebolledo, Carlos Federico Reyes, Laura Rodig, Samuel Román, Lotty Rosenfeld, Lilo Salberg, José Samith, Fortunato San Martín, José Santos Chávez, Ben Shahn, Cirilo Silva, Mario Silva Ossa, James Smith, Francisco Smythe, Mario Soro, Jorge Tacla, Heliodoro Torrente, María Tupper, Alfredo Valenzuela Puelma, Julio Antonio Vásquez, José Vela Zanetti, José Venturelli, Ramón Vergara Grez, Matías Vial, Cecilia Vicuña, Pablo Vidor, Waldo Vila, Eduardo Vilches, Adolfo Winternitz, Las Yeguas Del Apocalipsis, Enrique Zañartu. Tren De La Cultura (Carlos Donaire, Santander Martínez, Ricardo Mesa, Agustín Olavarría, Aníbal Ortiz, Israel Roa). Estampas, Independencia Y Revolución (Arturo García, Cisco Jiménez, Adolfo Mexiac, Mimmo Paladino, Alejandro Pérez, Betsabé Romero).

2015/11/13

孤高のリアリズム ‐戸嶋靖昌の芸術‐ Realismo Solitario -El arte de Toshima Yasumasa-

 戸嶋靖昌(秋田県出身、1934-2006年)は、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)西洋画科に1953年に入学し、その後同校の彫刻科に転科するが、油絵制作は続けた。在学当時、教授には麻生三郎、森芳雄、山口薫たちがいた。1958年に卒業、教授たちの勧めで彫刻科の助手となる。

 麻生三郎の推薦で、1967年銀座・サヱグサ画廊で初個展を開く。1970年武蔵野美術大学の教授であった山口長男から絵画研究グループに誘われ、油絵制作・デッサン研究を行う。この年、三島由紀夫の自決事件をきっかけに、戸嶋は自身の死を考えるほどの危機を迎え、「冬の庭」など森を描くようになる。

 ベラスケス、エル・グレコ、スルバランなどのスペインバロック芸術に魅かれ、制作のために1974年スペインに渡る。マドリッド、アスナルカサル村に滞在する。その後の制作拠点となるグラナダに転居し、2000年の帰国まで居住した。

 戸嶋の没後の2007年、磯江毅が中心となる写実の絵画展「存在の美学」展に、磯江の強い希望で戸嶋の絵画が展示される。

孤高のリアリズム ‐戸嶋靖昌の芸術‐ 
Realismo Solitario -El arte de Toshima Yasumasa-

会期 2015年11月5日(木)-28日(土)
    月‐木 10:00‐17:00/金・土 10:00‐15:30
    休館日 日曜日 但し、11月23日(月・祝)は開館
会場 駐日スペイン大使館
    東京都港区六本木1-3-29
入場無料

主催 駐日スペイン大使館

2015/11/02

「地中海の浜辺で」 ヤマダトミオ展 En la playa del Mediterráneo, Tomio Yamada

Yamada_tomio

地中海の底にはあまたの神が潜み、地中海の水は神々の涙で潤う、と伝え聞きます。
マドリード 秋 2015 ヤマダトミオ

「地中海の浜辺で」 ヤマダトミオ展

2015年10月26日(月)-11月7日(土)
Gallery Q
東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3階
Tel 03-3535-2524

ヤマダトミオ
1948 神奈川県生れ
1970 スペインへ留学
1974 スペイン国立マドリード美術工芸学校卒業
現在、スペイン在住

≪個展≫
1982 紀伊国屋画廊、東京
1985 紀伊国屋画廊、東京
1987 紀伊国屋画廊、東京
    椿近代画廊、東京
       グランドギャラリー、大阪
       セニス画廊、マドリード
1988 紀伊国屋画廊、東京
       椿近代画廊、東京
1989 ミジャーレス画廊廊、マドリード
1990 紀伊国屋画廊、東京
       椿近代画廊、東京
1991 ギャラリーセンターポイント、東京
        櫟画廊、東京
        文芸春秋画廊、東京
1992 <ゴドイの館>ビジャビシオッサ・デ・オドン市、マドリード
1993 紀伊国屋画廊、東京
1995 紀伊国屋画廊、東京
1997 紀伊国屋画廊、東京
1999 紀伊国屋画廊、東京
2000 マキイマサル ファインアーツ、東京
2001 紀伊国屋画廊、東京
2003 紀伊国屋画廊、東京
2005 紀伊国屋画廊、東京
2007 紀伊国屋画廊、東京
2009 紀伊国屋画廊、東京
2011 紀伊国屋画廊、東京
2013 ギャラリーQ、東京
2015 ギャラリーQ、東京

≪グループ展≫
1976 アビラ画廊、ダンマ画廊、マドリード
1979 「第7回タラベラ・デ・ラ・レイナ市絵画展」(入選)
1980 「第7回タラベラ・デ・ラ・レイナ市絵画展」レオン(入選)
       「第1回アルコベンダ市美術展」マドリード(入選)
       「第6回ビエンナーレ<タホ>」トレド(入選)
1981 「第2回アルコベンダ市美術展」マドリード(入選)
       「第1回マドリード商工会議所絵画展」マドリード(入選)
       「第3回コルドバ美術展」コルトバ(入選)
1983 「セビーリャ絵画展」セビーリャ(入選)
       「第3回アルコベンダ市美術展」マドリード(入選)
       「第7回マルベーリャ国際ビエンナーレ」マラガ(入選)
1984 「バリャドリー絵画展」バリャドリー(入選)
       「サン・エロイ芸術学校200周年展」サマランカ(入選)
       「ラ・コルーニャ市主催<日本文化展>」ラ・コルーニャ
       「F.A.E.画廊展」マドリード
1985 「第1回国際ビエンナーレ<フンダシオン・アラグァネイ>」サンティアゴ・デ・コンポステラ(入選)
1988 「第1回在西日本人絵画展」在スペイン日本大使館主催、マドリード
1989 「バルセローナ国際アートフォーラム<BIAF-89>バルセローナ
       「第2回在西日本人絵画展」在スペイン日本大使館主催、マドリード
       「アンドロッシャ画廊展」ビゴ
2000 「第26回 人人展」東京都美術館、東京
       「第12回 アジア・アフリカ・ラテンアメリカ交流美術展」東京都美術館、東京
2001 「第1回 スペイン現代美術展」紀伊国屋画廊、東京

≪他≫
1977 フジテレビ系ドキュメンタリー番組「海外に生きる日本人」で紹介される
美術雑誌「月刊ギャラリー」に「ヤマダトミオのスペイン・アート通信」を連載

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ