« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/27

コロンビアが2015年ARCOマドリッドのゲスト国に Colombia, el país invitado a Feria de Arte ARCO Madrid 2015

 6月27日、コロンビア外務省において、スペイン国際現代アートファア「ARCOマドリッド」を主催するIFEMAのルイス・エドゥワルド・コルテス会長、在コロンビアスペイン大使ラモン・ガンダリアス、外務省文化担当官ルイス・アルマンド・ソトコロンビア、コロンビア文化省ヴィジュアルアーツ群コーディネーターハイメ・セロン=シルの各氏の出席のもと、次回開催のARCOマドリッドのゲスト国にコロンビアが正式に決まったことが発表された。ARCOマドリッド2015は、2015年2月25日から3月1日までマドリッドで開催される。

 コロンビア政府より支援を受けて、インデペンデント・キュレーターのフアン・A・ガイタンがコロンビアからの出展ギャラリーの選出を行う。コロンビアの現代アートの重要な分野も含めて代表的アーティストや団体などが、幅広く選ばれることになる。ラウンドテーブル(情報交換)や討論会、コロンビアの現代アートシーンを紹介するイベントなども開催される。

 首都マドリッドを代表する美術館や展示会場でグループ展の開催や作家紹介が行われ、マドリッド市内でもコロンビアのアートが見ることができる。これらの事業は、コロンビア外務省と在スペインコロンビア大使館の協力を得て、同国文化省がコーディネートする。

Arcomadrid2015

2014/08/25

ヨコハマトリエンナーレ2014 出品作家アートブック:フェリックス・ゴンザレス=トレス Félix González-Torres

ヨコハマトリエンナーレ2014

Felix GONZALEZ-TORRES
キューバ・カマグエイ州グアイマロ出身
1957-1996年

 ゴンサレス=トレスは、スペイン・マドリッド在住を経て、移住したプエルト・リコのプエルト・リコ大学で美術を学びながら、創作活動を行っていた。1979年、奨学金を得てニューヨークに移り、ホイットニー美術館の美術作家、美術評論家、キュレーターの養成プログラム"Independent Study Program"に参加する。このプログラムにより、ゴンサレス=トレスは美術作家としての成長を成し得た。1983年、プラット・インスティテュートより美術学士を授与される。1986年、ヨーロッパに遊学する。1987年、国際写真センターとニューヨーク大学より美術学修士号を授与される。ニューヨーク大学やカルフォルニア芸術大学で教鞭を執ったりもしている。

 1987年、ニューヨークを活動のベースにして、社会的なテーマを取り上げた展覧会を行う美術作家集団Group Materialに参加する。テキストや写真を印刷した紙を積み上げて、一覧(リスト)作品を発表。ゴンサレス=トレスにとって、アートは社会的問題に取り組む有効的な手段ととらえていた。

*新書、古書を問わず掲載しています。低価格(古書)をご希望でしたら、ご連絡下さい。

❶ Felix Gonzalez-Torres
Nancy Spector
Guggenheim Museum Pubns, 2007
230 pages, fully illustrated
6 x 9 1/4 inches
5,720円

Felix_gonzaleztorres_by_spector

In April 2006, the Department of State announced that the late Cuban-born conceptual artist Felix Gonzalez-Torres would represent the United States at the 2007 Venice Biennale. This much sought-after and long-out-of-print volume, reissued by the Guggenheim Museum for the occasion, was originally published to accompany the artist's solo exhibition at the Museum in 1995, one year before his untimely death at the age of 38. Gonzalez-Torres wanted a readable book, not a catalogue per se—something, he said, that one could take to the beach. Pleasure was an integral part of his art (and his life). While he understood that art was innately political and, by necessity, a vehicle for cultural criticism, he believed that social critique and enjoyment were not, by any means, mutually exclusive. For Gonzalez-Torres, beauty was a tool for seduction and a means of contestation. Written by Nancy Spector in close consultation with the artist and reflecting and expanding upon his ideas at the time, Felix Gonzalez-Torres presents a thematic overview of the artist's rich, many-layered practice, including the signature paper stacks, candy spills, light strings and billboards--and demonstrates his continued resonance today.

❷ Felix Gonzalez-Torres: Billboards
Matthew Drutt, Felix Gonzalez-Torres
Radius Books/Artpace, San Antonio, December 2014(2014年12月刊行)
168p.
10,370円

Felix_gonzalez_torres_billboards

In celebration of its 15th anniversary in 2010, Artpace in San Antonio, Texas, mounted an ambitious state-wide exhibition of 336 seminal billboards created by Cuban-born artist Felix Gonzalez-Torres (1957-1996). Developed with special permission from the artist's estate, this presentation was the first-ever comprehensive survey of Gonzalez-Torres' billboard works in the US. Situated deliberately in the public's path in four cities (Austin, Houston, Dallas and San Antonio), these artworks gracefully interrupted daily routines with poignant reflections on life, love and humanity. The transcendent quality of Gonzalez-Torres' work was magnified in the Texas landscape, and the project garnered international attention for its unprecedented commemoration of this remarkable body of work. This book covers all the billboard pieces and serves as a mini-retrospective of this critical part of Gonzales-Torres' career.

❸ Felix Gonzalez-Torres
Steidl, 2006
410p.
21,520円

Felix_fonzale_torres_steidl

Felix Gonzalez-Torres, one of the most influential artists of his generation, lived and worked resolutely according to his own idealistic principles, determined to make this a better place for everyone. He combined elements of Conceptual art, Minimalism, political activism, and poetic beauty in an ever-expanding arsenal of media, including public billboards, give-away piles of candy and posters, and ordinary objects--clocks, mirrors, light fixtures--used to startling effect. His work challenged the notions of public and private space, originality, authorship and--most significantly--the authoritative structures in which he and his viewers functioned. Editor Julie Ault has amassed the first comprehensive monograph to span Gonzalez-Torres's career. In the spirit of his method, she rethinks the very idea of what a monograph should be. The book, which places strong emphasis on the written word, contains newly commissioned texts by Robert Storr and Miwon Kwon among other notables, as well as significant critical essays, exhibition statements, transcripts from lectures, personal correspondence, and writings that influenced Gonzalez-Torres and his work. Ample visual documentation adds another important layer of content. We see works not just in their completed state, but often in process, which for Gonzalez-Torres could mean the process of disappearing as viewers interacted with them. A crucial reference.

❹ Felix Gonzalez-Torres
Amada Cruz
Distributed Art Pub Inc, 1994
6,440円

80p. 35 ill., including 21 full-page apparently identical minimalist drawings on graph paper from the series "21 Days of Bloodwork - Steady Decline". Essays by five contributors: Amada Cruz, "The Means of Pleasure'; Russell Ferguson, "The Past Recaptured"; Ann Goldstein, "Untitled (Ravenswood)"; bell book, "subversive beauty: new modes of contestation"; Joseph Kosuth, 'Exemplar'; Charles Merewether, "The Spirit of the Gift"; bibliography.

Felix_fonzale_torres_dap

❺ Felix Gonzales-Torres
Cahan, Susan/ Avgikos, Jan/ Rollins, Tim
A R T Pr; 1993
96p.
7,000円

Felix_fonzale_torres_art_pr

Born in Cuba, Felix Gonzalez-Torres is best known for public artworks which invite the viewer's participation. In this publication, illustrated with video and performance stills and reproductions; the artist talks about his commitment to social change and the role of the artist in society. One of the few indepth publications on this pivotal conceptual artist. Limited edition of 200. Dimension: 8 3/8 x 12½ inches, 63 b&w and color reproductions.

❻ Figuring Color: Kathy Butterly, Felix Gonzalez-Torres, Roy McMakin, Sue Williams
Jenelle Porter

Hatje Cantz Pub, 2012
136 Seiten, 61 farbige Abb.17,10 x 24,50 cm
5,610円

Figuring_color_felix_gonzalez_torre

Figuring Color looks at the work of four artists who use color and shape to represent a metaphorical body. For instance, Roy McMakin's sculpture of a chair is at once a body and an implication of an absent body, where two tables intertwined suggest bodies nestled together. Kathy Butterly's ceramic sculptures are miniature bodies, whose sensuality amplifies clay's potential for delightful form. In Felix Gonzalez-Torres's sculptures, piles of wrapped candy and plastic-bead curtains are experienced through touch, privileging the physical body while still evoking a metaphorical body. Sue Williams's riotously colorful paintings explore the body abstracted, represented entirely through color. Poems by Charles Bernstein, Mei-Mei Berssenbrugge, Jen Bervin, Lee Ann Brown, Miles Champion, Marcella Durand, Craig Dworkin, Tonya Foster, Alan Gilbert, Lisa Jarnot, Vincent Katz, Damon Krukowski and others respond to the book's sensuous theme.

❼ Felix Gonzalez-Torres
Elger, Dietmar;Cantz;Gonzalez-Torres, Felix
Hatje Cantz Verlag, Ostfildern,, 1997 絶版
28,180円

Felix_fonzale_torres_cantz

"The outgrowth of a retrospective exhibition touring Austria and Germany, this book sets out to encompass the short but highly original and prominent career of the Cuban-born American artist Gonzalez-Torres (1957-96). The first volume presents six essays, in both German and English, from the curators of various museums as well as his gallerist. Competent, if not always engaging, the writers concentrate on the work rather than the life of the artist, examining his use of diverse materials and sometimes sentimental metaphors. The second volume attempts to catalog the full output from his barely decade-long career, addressing the particularly thorny issue of certain pieces that were never fully sanctioned or were later disavowed. Compiled with the full cooperation of his gallery, the second volume illustrates and provides exhibition and publication history of nearly 300 works and also documents the current owners of most items as well as their provenance." Text: Gonzalez-Torres Felix, Wäspe Roland, Rosen Andrea, Elger Dietmar, Fuchs Rainer, Deitcher David, Mekas Jonas. cm 25,5x31; pp. 112+168 (2 vols.)

2014/08/20

Félix Gonzalo-Torres フェリックス・ゴンサレス=トレス ヨコハマトリエンナーレ2014出品作家

洋才書魂 No.146 2014年8月 Félix Gonzalo-Torres フェリックス・ゴンサレス=トレス ヨコハマトリエンナーレ2014出品作家

2014/08/11

「建築家ガウディ×漫画家井上雄彦」展 公式サイトに鳥居教授によるガウディ展示作品の解説ページが登場

 現在、森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)で開催中の「特別展 建築家ガウディ×漫画家井上雄彦 - シロクロする創造の源泉 -」(9月7日まで)の公式サイトに、日本側学術監修者の鳥居徳敏神奈川大学教授による、ガウディ展示作品の解説ページが開設されている。

特別展 ガウディ×井上雄彦 - シンクロする創造の源泉 -
Takehiko Inoue interprets Gaudi's Universe
会期 2014年7月12日(土)~9月7日(日)※会期中無休
開館時間 午前10時~午後8時(最終入場午後7時半)
会場 森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)

※展覧会詳細は本サイト内

2014/08/05

本日より開催 「ゴンサロ・ピニージャ版画展」 Gonzalo Pinilla Grabado Exposición

 コロンビア出身の版画家ゴンサロ・ピニージャの展覧会が、せんたあ画廊(横浜市中区)において本日より開催となります。

Gonzalo_pinilla_center_gallery_1_ed

ゴンサロ・ピニージャ版画展
会期 2014年8月5日(火)-14日(木)
    10:00-19:00
会場 せんたあ画廊
    神奈川県横浜市中区真砂町3-33 関内駅前・セルテ3階
    JR京浜東北・根岸線 関内駅北口改札より徒歩1分
       画廊ウェブサイト http://www.center-g.co.jp/

詳細サイトはこちら


作家からのメッセージ…
 私の版画作品は、伝統的な技法とミックス・メディアを組み合わせています。思考が反復する、記憶の積み重ねが反復する版画に強い関心があります。制作では、自分の特性を反映させた、より親しみがある日常空間を求めながら、表現の着想を得ています。

 過去に対するノスタルジアを感じると同時に、進歩に対してどのようにしたら抗えるのかを考えることがあります。南アメリカの一地方に住み、自分の地理的居場所が持つ永遠性と、一定の時間の流れの中でも生じる環境の変化(目に見える変化と見えない変化)とのバランスをいつも探し求めています。

 自分がかつて居た場所の個人的な記憶や、自分の人生と分かち合えた人々の記憶から引き出したイメージの表現を試みています。このイメージ表現は、自らのイマジネーションの名残として、版画表現の一部分を構成していると思っています。そして、時には、版画に彩色を施したり、自分の著作からの一節を版画に加えたりして、版画のテクスチャを楽しんでいます。

 私の創作実践は、個々の人々と彼らを取り巻く環境を作品に反映させることに礎を置いています。自分が体験したと同じように、人々が異郷の地に行かざるを得なくなった時、暮らしの中で様々な変化を蒙りながらも、彼らは順応していったことを思うと心が動かされます。自分の仕事の新たな可能性を切り拓くために故国を離れていますが、常に目標を持ち、自己鍛錬に満ちた創作の冒険を続けてゆきたいと思っています。

ゴンサロ・ピニージャ 
アメリカ・アイオワ州にて
2014年8月

Gonzalo_pinilla_center_gallery_4

Gonzalo_pinilla_center_gallery_5

Gonzalo_pinilla_center_gallery_6

Gonzalo_pinilla_center_gallery_7

2014/08/01

ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla

ゴンサロ・ピニージャ版画販売カタログ(2014/09)pdf.
同価格表(2014/09)pdf.

Gonzalo_musico
作家プロフィール

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

せんたあ画廊(横浜市中区)の協力を得て、ゴンサロ・ピニージャ版画展を開催                           

ゴンサロ・ピニージャ版画展

会期 2014年8月5日(火)-14日(木)
    10:00-19:00

会場 せんたあ画廊
    神奈川県横浜市中区真砂町3-33 関内駅前・セルテ3階
    JR京浜東北・根岸線 関内駅北口改札より徒歩1分
       画廊ウェブサイト http://www.center-g.co.jp/

 南米コロンビア出身の版画家ゴンサロ・ピニージャ(1971年生れ)は、コロンビア国立大学版画・絵画課程を首席で修了した後、イタリアに留学しました。現在は、米国・アイオワ大学版画学科で助手をしながら、創作活動を行っています。

  ラテンアメリカ美術研究者の故・加藤薫氏はかつてピニージャについて、「人間の優しさの背後に潜む獣性、消費される対象としての動植物が人間の産みだしたモノを消費する倒錯、権勢の強さと裏腹の不安や脆弱さ、といった現実世界の多重性を暴き出している。やみくもに先端技術を追うのでなく、人間と社会や動植物との共生という古くて根源的な課題に地道に取り組んできた」と記しています。

作家プロフィール

Gonzalo_pinilla_exhibition


Center_gonzalo
「カエル」 銅版画 40×27cm

■展覧会会場風景

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ