« ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla | トップページ | 「建築家ガウディ×漫画家井上雄彦」展 公式サイトに鳥居教授によるガウディ展示作品の解説ページが登場 »

2014/08/05

本日より開催 「ゴンサロ・ピニージャ版画展」 Gonzalo Pinilla Grabado Exposición

 コロンビア出身の版画家ゴンサロ・ピニージャの展覧会が、せんたあ画廊(横浜市中区)において本日より開催となります。

Gonzalo_pinilla_center_gallery_1_ed

ゴンサロ・ピニージャ版画展
会期 2014年8月5日(火)-14日(木)
    10:00-19:00
会場 せんたあ画廊
    神奈川県横浜市中区真砂町3-33 関内駅前・セルテ3階
    JR京浜東北・根岸線 関内駅北口改札より徒歩1分
       画廊ウェブサイト http://www.center-g.co.jp/

詳細サイトはこちら


作家からのメッセージ…
 私の版画作品は、伝統的な技法とミックス・メディアを組み合わせています。思考が反復する、記憶の積み重ねが反復する版画に強い関心があります。制作では、自分の特性を反映させた、より親しみがある日常空間を求めながら、表現の着想を得ています。

 過去に対するノスタルジアを感じると同時に、進歩に対してどのようにしたら抗えるのかを考えることがあります。南アメリカの一地方に住み、自分の地理的居場所が持つ永遠性と、一定の時間の流れの中でも生じる環境の変化(目に見える変化と見えない変化)とのバランスをいつも探し求めています。

 自分がかつて居た場所の個人的な記憶や、自分の人生と分かち合えた人々の記憶から引き出したイメージの表現を試みています。このイメージ表現は、自らのイマジネーションの名残として、版画表現の一部分を構成していると思っています。そして、時には、版画に彩色を施したり、自分の著作からの一節を版画に加えたりして、版画のテクスチャを楽しんでいます。

 私の創作実践は、個々の人々と彼らを取り巻く環境を作品に反映させることに礎を置いています。自分が体験したと同じように、人々が異郷の地に行かざるを得なくなった時、暮らしの中で様々な変化を蒙りながらも、彼らは順応していったことを思うと心が動かされます。自分の仕事の新たな可能性を切り拓くために故国を離れていますが、常に目標を持ち、自己鍛錬に満ちた創作の冒険を続けてゆきたいと思っています。

ゴンサロ・ピニージャ 
アメリカ・アイオワ州にて
2014年8月

Gonzalo_pinilla_center_gallery_4

Gonzalo_pinilla_center_gallery_5

Gonzalo_pinilla_center_gallery_6

Gonzalo_pinilla_center_gallery_7

« ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla | トップページ | 「建築家ガウディ×漫画家井上雄彦」展 公式サイトに鳥居教授によるガウディ展示作品の解説ページが登場 »

Art Exhibition/展覧会」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ