« 海を超えたヒロシマ・ナガサキ ―北米・南米に渡った被爆者― Hiroshima Nagasaki Beyond The Ocean-Hiroshima Nagasaki Atomic Bomb survivors in North and South Americas | トップページ | アルゼンチン現代アート Arte Contemporáneo Argentino »

2014/07/02

金沢21世美術館開館10周年記念「レアンドロ・エルリッヒ -ありきたりの?」 Leandro ERLICH - The Ordinary?

Leandro_herlich_swimming_pool_4
《スイミング・プール》 2004
© Leandro Erlich Studio
撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ
The Swimming Pool, 2004
© Leandro Erlich Studio
Photo: Atsushi Nakamichi / Nacása & Partners

 金沢21世紀美術館(石川県金沢市)に恒久展示されている≪スイミング・プール≫は、常に鑑賞者たちの目を引く作品だ。水面下にいる鑑賞者と水上にいる鑑賞者は、作品を構成する一部となり、お互い同士が見合っている様のおもしろさがある。

 この≪スイミング・プール≫を制作したレアンドロ・エルリッヒ(1973年ブエノスアイレス/アルゼンチン生まれ)の展覧会が、現在金沢21世紀美術館で開催されている。

レアンドロ・エルリッヒ -ありきたりの?
Leandro ERLICH - The Ordinary?

会期 2014年5月3日(土・祝)-8月31日(日)    
    10:00-18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場 金沢21世紀美術館 展覧会ゾーン
    石川県金沢市広坂1-2-1
料金 一般=1,000円(800円)、大学生=800円(600円)
    小中高生=400円(300円)、65歳以上の方=800円
    ※( )内は団体料金(20名以上)
主催 金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
後援 在日アルゼンチン共和国大使館
問合せ 金沢21世紀美術館 ℡ 076-220-2800

 “不安定な建築家“と自称するレアンドロ・エルリッヒは、空間を流体や定まらない境界で作り上げる。人はエルリッヒの彫刻やインスタレーションの意味を理解しようとする前に、その尋常のなさに気付く。たった一つの変化(逆さまであったり、内側が外側になったり)だけで、一見したところ正常な状態を混乱させるに十分である。世の中の現実を崩して、それが見せ掛けのものであると顕在化させている。

 エルリッヒの文学的源泉であるアルゼンチンの幻想小説家ホルヘ・ルイス・ボルヘスから影響を受けているところもあるが、彼の作品にはしばしば映画の世界も表れている。アルフレッド・ヒッチコック、ロマン・ポランスキー、ルイス・ブニュエル、デビッド・リンチなどの映画監督に対する称賛を明らかにしている。エルリッヒは、「彼ら(映画監督たち)は、日常空間の心理的破壊を通じて、フィクションの世界を作り上げるための舞台として日常を使っている」と論じている。

レアンドロ・エルリッヒ/Leandro Erlich プロフィール
Leandro_herlich_sportrait
©Kornilov

1973年ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ、モンテビデオ(ウルグアイ)在住。2000年のホイットニー・ビエンナーレをはじめ、2001年、2005年のヴェネチア・ビエンナーレ、サンパウロ、リバプール、イスタンブールといった多くの国際展に出展。世代や国境を超えて人々が共有できる体験の場を創造してきた。日本国内では美術館のみならず、大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭などでも作品を発表。本展は、日本におけるエルリッヒ初の個展となる。作品は、ブエノスアイレス近代美術館(アルゼンチン)、ヒューストン美術館(アメリカ)、テート・モダン(イギリス)、パリ市立近代美術館(フランス)、金沢21世紀美術館(日本)、ローマ現代アート美術館(イタリア)、イスラエル博物館(イスラエル)、フランス国立現代美術基金(FNAC)(フランス)などに収蔵されている。

出品点数17点の中から

Btiment_2004
《住宅Ⅰ》 2004
©Leandro Erlich Studio
Courtesy of Leandro Erlich Studio
撮影:木奥惠三
提供:金沢21世紀美術館
Bâtiment, 2004
©Leandro Erlich Studio
Courtesy of Leandro Erlich Studio
photo:KIOKU Keizo
courtesy:21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

Elevator_pitch
《エレベーター・ピッチ》 2011
Courtesy of Leandro Erlich Studio
©Ignacio lasparra for GalerÍa Ruth Benzacar
撮影:木奥惠三
提供:金沢21世紀美術館
Elevator Pitch - Conversaciones de ascensor, 2011

Elevator_maze_2011_edited1
《エレベーターの迷路》 2011
courtesy of Sean Kelly Gallery and Art Front Gallery
©Leandro Erlich Studio
撮影:木奥惠三
提供:金沢21世紀美術館
Elevator Maze, 2011
Courtesy of Sean Kelly Gallery and Art Front Gallery
©Leandro Erlich Studio
photo:KIOKU Keizo
courtesy:21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

アルゼンチン現代アートのアートブック

« 海を超えたヒロシマ・ナガサキ ―北米・南米に渡った被爆者― Hiroshima Nagasaki Beyond The Ocean-Hiroshima Nagasaki Atomic Bomb survivors in North and South Americas | トップページ | アルゼンチン現代アート Arte Contemporáneo Argentino »

Art Exhibition/展覧会」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ