« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/30

海を超えたヒロシマ・ナガサキ ―北米・南米に渡った被爆者― Hiroshima Nagasaki Beyond The Ocean-Hiroshima Nagasaki Atomic Bomb survivors in North and South Americas

 2005年から2013年までの8年間に渡り、メキシコ・ティファナを拠点として在北米・南米被爆者の体験談をアメリカ、カナダ、メキシコ、ペルー、ボリビア、ブラジル、アルゼンチンにおいて実施した調査内容と考察について、竹田信平(アーティスト/映像作家)が発表する。

イベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)例会
竹田信平「海を超えたヒロシマ・ナガサキ ―北米・南米に渡った被爆者― 」
日時 2014年7月5日(土)午後2時~5時30分
場所 関西学院大学梅田キャンパス(KGハブスクエア) 10階 1002教室
         大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー 10階
          (大阪 梅田駅より茶屋町方面へ徒歩10分程度)

 在米被爆者といわれる千人強の人々の複雑な個人史、各国への様々な移民パターンと日
系人移民コミュニティーの全体像を報告。そしてヒロシマ・ナガサキという特殊な記憶を抱える人達が、広島や長崎とは遠く離れたコンテクストでそれらの記憶とどう向き合っているのか、そしてそれぞれの社会とどう関わっているのか検証する。同時にミシガン州立大学歴史学者の和氣直子教授との共同制作の書籍「海を超えたヒロシマ・ナガサキ」発表、限定数無料配布。

竹田信平プロフィール
1978年大阪生まれ。
メキシコ・ティファナを拠点に活動。記憶をテーマとして、写真、インスタレーション、野外アート、ドキュメンタリー映画等を制作。
1920年代ティファナの日本人写真家を追った「メキシコに最も近い日本」(2008)、南米・北米に在住する被爆者を追った「ヒロシマナガサキダウンロード」(2010)、国連軍縮局との共同制作多言語ウェブサイト<http://www.hiroshima-nagasaki.com/> (2012)、インスタレーション作品群「アルファ崩壊」 (2010-2013)などを発表。
CEREV(Center for Ethnographic Research and Exhibition in the ftermath of Violence)やAmerican Anthropologist Assotiation (2010)では“Curating Difficult Knowledge; New Models of Cultural Evocation and Intervention”パネルでも研究成果を発表。 またその傍ら米サンディエゴのアート非営利団体、THE AJA PROJECTを2001年に設立、現在そのアートディレクターも務める。
アメリカ・デューク大学(学士)、サンディエゴ大学卒(修士)。

竹田信平公式ウェブサイト http://www.shinpeitakeda.info

*当日参加の事前連絡は不要。直接会場へ。
*本例会に関する問い合わせは、イベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)関西世話人の禪野美帆(mzennojp#yahoo.co.jp←#を@に変更)まで。

イベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)
関東地域世話人: 井上幸孝、小原正
関西地域世話人: 禪野美帆、小林貴徳
ブログ http://secila.seesaa.net/

2014/06/26

関口照生 写真展「支倉の道」 Teruo Sekiguchi "El camino de Hasekura"

Sekiguchi_teruo_road_to_hasekura

 仙台藩藩主の伊達政宗(1567-1636年)の命を受け、遣欧使節団の正使となった支倉常長(1571-1622年)が、スペインまで辿った道を、写真家の関口照生が撮影した写真展「支倉の道」が、現在、スペイン大使館で開催されている。 

 当初、関口照生のもとにこの企画が持ち込まれた時は、スペイン国内の撮影だけであったが、スペイン国内だけの撮影取材では、支倉常長の道はわからないと、関口は判断し、出帆地の石巻から、メキシコのアカプルコ、ベラクルス、そしてスペインのセビジャへと取材を行ったという。

 展示作品には、スペインの原子力発電施設、風力発電施設、スペイン市民戦争(1936-1939年)中に破壊された教会を撮った写真も展示されている。遣欧使節から400年の時間を超えたスペイン近現代の姿がそこにあった。

関口照生 写真展「支倉の道」
会場  駐日スペイン大使館 展示会室
     東京都港区六本木1-3-29 Tel. 03-3505-8765
会期  2014年6月25日(水)-7月10日(木)
    月-木 10:00-17:00
    金    10:00-15:00
    土日祝 休館 
入場無料
*本展はスペイン(王立サン・フェルナンド美術アカデミー)に巡回予定

関口照生プロフィール
写真家/日本写真家協会(J,P,S)会員
倉敷芸術科学大学客員教授
東京生まれ/明治大学卒業
カレンダー・ポスター・コマーシャルなどの広告や雑誌・写真集の撮影を中心にフリーのフォトグラファーとして活動。世界の辺境を訪ねるTV番組の取材をきっかけに、以後ライフワークとして中国少数民族、カナダ北極圏、カラハリ砂漠、グアテマラ、コスタリカ、ミャンマー、キューバ、ブータンなどプリミティブな環境で暮らす人々の取材を続け、シリーズ「地球の笑顔」の作品展を全国各地で開催、2013年は、日本スペイン交流400周年の年となり、支倉常長の足跡を取材し、写真展「支倉の道」を開催する。 作品集に「火のラティード」、「膳のパフォーマンス」、「地球の笑顔」シリーズ、「支倉の道」、竹下景子との共著「ハロープラスワン」、泉谷しげる写真集「百面相」、名取裕子写真集「序の舞い」、かたせ梨乃写真集「DAY FOR NIGHT」など多数。 小笠原ドキュメント映画「EDEN」監督。 「ニコン フォトコンテスト インターナショナル」、経済産業省 「今年のロボット大賞」ほか様々な分野の審査員、政府の諮問委員なども努める。(関口照生オフィシャルウェブサイトより)

オープニングレセプションより
El_camino_de_hasekur_recepcion_seki
挨拶する関口照生氏(左端)
竹下景子氏(右端・関口照生夫人)は「日本スペイン交流400周年記念」の親善大使


El_camino_de_hasekura_1


El_camino_de_hasekura_2

2014/06/22

ヨコハマトリエンナーレ2014 出品作家アートブック:ドラ・ガルシア Dora García 

Dora García ドラ・ガルシア

1965年、スペイン・バリャドリド生まれ。 サラマンカ大学とアムステルダム王立美術館(1985-1992年)で美術を学ぶ。展示空間、パフォーマンス、双方向性をプラットフォームにして、鑑賞者、作品、空間の関係を探る。小説『華氏451度』を鏡文字で“複製”した、ヨコハマトリエンナーレ2014出品作でも見られるように、テキスト(文字)も三者をつなぐ重要な要素となっている。2011年ヴェネチア・ビエンナーレのスペイン代表作家。

マニフェスタ(ドイツ・フランクフルト、1998年)、イスタンブール・ビエンナーレ(トルコ・イスタンブール、2003年)、ミュンスター彫刻プロジェクト(ドイツ・ミュンスター、2007年)などの国際展に出品する。2011年のヴェネチア・ビエンナーレではスペイン代表作家となる。作品は、Macba(スペイン・バルセロナ)、MNCARS(スペイン・マドリッド)、MUSAC(スペイン・レオン)、SMAK(ベルギー・ガント)。GfZK(ドイツ・ライプツィヒ)に収蔵されている。

ヨコハマトリエンナーレ2014
会期 2014年8月1日(金)-11月3日(月・祝)
主会場 横浜美術館、新港ピア(新港埠頭展示施設)
アーティスティック・ディレクター森村泰昌

Dora García ドラ・ガルシア アートブック
(新本、古書の区別なく掲載しています。お問い合わせください。)

❶ Dora García: Rooms, Conversations
MUSEUM OF CONTEMPORARY ART LEIPZIG, 20 Apr-1 Jul 2007
Edited by Julia Schäfer, Dora Garcia
Jovis, 2008.
104p.
4,730円
ガルシアは、鑑賞者、作品、空間との関係を考察する為のプラットフォームとして、展示スペースを利用する。この目的の為に、ガルシアはしばしば双方向性とパフォーマンスを活用する。展示スペースを侵害させない最小限度の変更によって、、展示室は知覚経験の場となり、鑑賞者たちは感覚的な体験を感じて、展示室を去っていく。もしかしたら幾分かの猜疑心をも感じながら。
Is there an “imaginary GDR?” How reliable are our recollections? What fixed patterns are followed by fictionalization of the past? Spanish artist Dora García asks these questions in this dense collage of photographic stills, archival material from the Ministry of State Security, sections of surveillance videos and literary excerpts.

Dora_garcia_rooms_conversations

A Dora García: Mad Marginal Number 1:From Basaglia to Brazil
Mousse Publishing, Milano, Italy (2010)
214p.
4,310円
精神科病院廃絶法180号法(通称バザリア法)の制定を推進したイタリアの精神科医フランコ・バサリアの著作を基にしたプロジェクト。
This publication is part of a broader research project, originating from the writings by Franco Basaglia, the Italian psychiatrist who promoted the Law 180 and made Italy one of the first countries to shut down mental hospitals, and a pioneer in alternative mental health care. This tradition of anti-psychiatry and the "Basaglia revolution" are for Garcia an occasion and an opportunity to investigate forms of artistic production that consciously decided to stay at the periphery of the mainstream.

Dora_garcia_mad_marginal_1

B Dora García: Mad Marginal Number 2: The Inadequate
Sternberg Press (June 2011)
432p.
5,250円
Are artists crazy? Is that a good thing? Is being an outsider a requirement for creating truly tradition-shattering art? Mad Marginal, part of the Spanish Pavilion at the 2011 Venice Biennale, is a project by Brussels-based Spanish artist Dora Garcia. She uses the tradition of anti-psychiatric and anti-institutional movements as a prism to look at the work of artists who have either consciously chosen to remain outsiders or been defined as outsiders by others. Through a series of conversations documented in this book, which is presented in the form of notebooks, Garcia explores the relationship between radical politics and radical art during the 1970s, and follows the theme to today. Includes conversations with Claudia De Michelis (Museo Laboratorio della Mente), artist Cesare Pietroiusti and Nicola Valentino (co-founder of the publishing house Sensibili alle foglie).

Dora_garcia_mad_marginal_2_2


C Dora García: Mad Marginal Number 3: Klau Mich
Foreword by Carolyn Christov-Bakargiev, Yolanda Romero. Text by Claire Bishop, Ellen Blumenstein, Eva Fabbris, Chus Martinez, Carmen Roll.
Walther König, Köln, 2013
216p.
4,750円
The third in a trilogy of books addressing marginality and outsider art as an artistic position, Mad Marginal Number 3 looks at the work of Spanish artist Dora García (born 1965), who explores the limits of art discourse in her text-based works.

Doragarcamadmarginalnumber31

❸ In/Visible: Collection Productions
Edited by Béatrice Josse. Text by Béatrice Josse, Will Bradley, Giovanni Carmine, Aneta Szylak
JRP|Ringier, 2007
336p.
2,120円
This reflection on the unlikely search for an invisible masterpiece takes on a near-imposible quest. But not in vain--it provides an excuse to consider the very idea of collecting and its limits, while remaining open to doubt and pleasure. In/Visible brings together critical fictions looking at the "(almost) random paths" taken in attempts to circumscribe time, space, and history by artists including Marina Abramovic, Chantal Akerman, Lara Almarcegui, Monica Bonvicini, Marguerite Duras, Esther Ferrer, Andrea Fraser, Dora Garcia, Ann Veronica Janssens, David Lamelas, Teresa Margolles, Tania Mouraud, Karin Sander, Joëlle Tuerlinckx and Rémy Zaugg.

Dora_garcia_in_visible


❹ Dora García: The Joycean Society
Silvana Editoriale, 2013
216p.
8,520円
The Joycean Societyは、ジェームス・ジョイスの難解な作品「フィネガンズ・ウェイク」の読書クラブを描いた映画。この読書クラブは、ジェームス・ジョイスのファンや研究者たちから構成されている。ドラ・ガルシアは、読書クラブのメンバーたちの理解や認知のリアリティと、このリアリティが触れるフィクションとの関係を探る。
Dans l’ancienne brasserie de la Giudecca, l’installation The Joycean Society, prend prétexte du célèbre Finnegans Wake, le « livre sans fin » de James Joyce, pour proposer une exposition ouverte où l’objet, l’oeuvre et le public sont en relation constante, relation qui oriente et modifie la perception et le sens. Des livres amputés et transformés en sculptures, un film tourné à l’intérieur d’un groupe de lecture, un papier peint réalisé avec des fragments de pages de carnets de notes, forment les éléments du vocabulaire artistique que Dora García investit dans The Joycean Society. Ce volume, conçu en complicité avec l’artiste, est un outil de travail, un document d’images descriptives de gestes et de situations du point de vue de l’artiste. Il nous donne à lire les essais d’un groupe de curators et critiques d’art qui répondent à la démarche artistique ou qui la clarifient.

Dora_garcia_the_joycean_society

Dora_garcia_the_joycean_society_2


❺ Dora García: ¿Dónde van los personajes cuando la novela se acaba?
Xunta de Galicia、2011
217p.
4,850円
Peio Aguirre: Los personajes tienen vida propia, como tales, y no paran de producir. Es como si reivindaran una vida propia, autónoma, afanándose en la producción sin fin. Dora García:... pero más fascinante aún es cómo los personajes reales se ficcionalizan, o me gusta más aún el término, menos manoseado, de se fantamasemiotizan, utilizando el término fantasma semiótico de William Gibson.

Dora_garcia_donde_van_los_personaje

Dora_garcia_donde_van_los_persona_2



❻ Dora García: All the Stories
Book Works, 2011
526p.
6,140円
男が、女が、声高に、世界の物語を朗読する。朗読が終わった時、すべての物語、すべての男女、すべての時間、すべての場所は、朗読者の唇の奥から通過していった…。
‘A man/ a woman recites all the stories of the world in a loud voice. When she is done, all the stories, all men and women, all time and all places will have passed through her lips...’
With the minimum of instructions and a restricted format of four lines, Dora García’s collaborative and participatory project has now collected over 2,500 stories. Ranging from mundane to the extraordinary, these four line vignettes reveal the shared fears and fantasies of the contributors, the pervasiveness of popular culture and the possibilities of the imagination.
Collected in the form of a book for the first time, this publication presents all the contributions up to 2011, and is published to accompany a live reading of All the Stories commissioned for Again, A Time Machine at Eastside Projects.
Co-published by Book Works and Eastside Projects as part of the Again, A Time Machine project.

Dora_garcia_all_the_stories


❼ The world according to Dora García
Editorial: Argobooks, Berlin, 2011
64p. 21 x 29,7 cm  Texts: English
3,720円
Third issue of the artist magazine published by THE OFFICE, Berlin. THE WORLD ACCORDING TO seeks to challenge an artist to work in an unfamiliar way: using any source other than his own work, he or she develops an idea, a concept, a subject or a vision which can only be realized on paper. Dora García's world version for this book is "five conversations from which she has erased herself". Conversations she had with Carmen Roll, Franco Rotelli, Nicola Valentino, Giuliano Scabia and Eduardo Passos.

Dora_garcia_the_world_according_to_


❽ Dora García: Steal this book
Paraguay Press, 2009
136 pp. 11 x 18 cm  Texts: English/Spanish/German/French
5,440円
アメリカの政治活動家で、青年国際党(イッピー)の共同創立者であるアビー・ホフマンの著書「Steal This Book(この本を盗め)」を讃えた同名の本書は、11のパフォーマンス・プロジェクトを収めている。
A tribute to Abby Hoffmann’s pamphlet of the same name, Steal this Book documents 11 recent performative projects by Dora García. Edited by François Piron, the book presents the correspondence of the artist with the various interpreters of the situations she sets up. Questions, misunderstandings and arguments, are disclosed, making the book part suspense story, part user’s manual, part script for a stand-up comedy. Steal this Book is presented in exhibitions as a sculpture meant to be stolen, but can also be found in selected bookstores.

Dora_garcia_steal_this_book

Dora_garcia_steal_this_book_image
Courtesy: Dora Garcia

❾ Peep-Hole Sheet #03: Dora García
Generico, 2009
5,040円
Unpublished text by Spanish artist Dora Garcia Peep-Hole Sheet is a quarterly writings by artists. Each issue is dedicated solely to one artist, who is invited to contribute with an unpublished text. The texts are published in their original language, with accompanying translations in English and Italian. All images are deliberately avoided. Over time it aspires to build up an anthology of writings that might open new perspectives for interpreting and understanding our times.

Dora_garcia_peephole_sheet_3


❿ Dora García: Seuils-Drempels
Ed. Versbrussel/ Wiels, 2008
unpaged(100p.). 10,5 x 15 cm. Texts: French/Flemish
4,870円
A "strolling" guide inviting the public to take a walk to the Beyond side. An architectural/urban/tourist guide to the doors of the buildings, private or public, where a community meets for spiritual purposes in the city of Brussels. An annex is added at the end, giving further explanation regarding the beliefs that were too large or too complex to be contained in the entries. All buildings are housing the community reunions at the moment of publication of this book. Some of them did not want to appear, and their wish has been respected.

Dora_garcia__dg_seuils_2

2014/06/20

Dora García ドラ・ガルシア ヨコハマトリエンナーレ2014出品作家

洋才書魂 No.145 2014年6月 Dora García ドラ・ガルシア ヨコハマトリエンナーレ2014出品作家

2014/06/17

Antoni Gaudi/アントニ・ガウディ

洋才書魂 No.142 2014年6月 Antoni Gaudi/アントニ・ガウディ

Los Japoneses en Bolivia スペイン語版『ボリビアに生きる』

 1999年は日本人がボリビアに移住してから100周年にあたり、日本人ボリビア移住100周年記念誌『ボリビアに生きる』(ボリビア日本人移住100周年移住史編纂委員会編、ボリビア日系協会連合会刊)が2000年3月に刊行されている。

 日本語で書かれた同書を、2000年以降の10年間を一部追補した上で、110年間の日本人のボリビア移住史と現状を、スペイン語でしか読めない日系二世・三世およびボリビア人読者向けに翻訳・編纂した≪Los Japoneses en Bolivia≫が、2013年にボリビアの出版社Plural Editoresから出版された。

 ボリビア移住者とその子孫たちがボリビア各地で生き抜いてきた110年にわたる日系人の体験と努力を、後に続く世代へ語り継ぐと同時に、一般のボリビア人にも現在の日系社会の存在についてその歴史と経験をよりよく理解してもらう目的で、このスペイン語版刊行に至った。

 ボリビア日系協会連合会と日本ボリビア協会の協力のもと、翻訳にはボリビア在住の日系二世と三世たちが関わり、総まとめ役として日本語版『ボリビアに生きる』の編集に関わった中央大学名誉教授国本伊代氏が指揮にあたった。

Los_japoneses_en_bolivia_2

Los Japoneses en Bolivia
110 años de la historia de la inmigración japonesa en Bolivia
Coordinadora: Iyo Kunimoto
Federación Nacional de Asociaciones Boliviano-Japonesas y  Asociación Nippon-Bolivia
La Paz, Bolivia: Plural Editores, 2013
359pp. 15x23cm
2,500円(消費税・送料込み)

注文・問合せは下記まで:

社団法人 日本ボリビア協会 事務局
〒193-0832 東京都八王子市散田町2-68-13
Tel &Fax 042-673-3133 admin@nipponbolivia.org

Los Japoneses en Bolivia

Índice General
  Prólogo
  Presentación
  Capítulo 1  Desde los Andes a la Cuenca Amazónica
  Capítulo 2  100 años de la comunidad nikkei de La Paz
  Capítulo 3  La comunidad nikkei en el departamento de Beni
  Capítulo 4  La comunidad nikkei en el departamento de Pando
  Capítulo 5  La comunidad nikkei en la ciudad de Santa Cruz de la Sierra
  Capítulo 6  Establecimiento y desarrollo de la Colonia Okinawa
  Capítulo 7  Fundación y desarrollo de la Colonia San Juan
  Capítulo 8  Las comunidades bolivianas nikkei en Japón
Abreviaturas,Bibliografía,Cronología, Listas de fotos, mapas y cuadros

2014/06/16

Raoul Dufy/ラウル・デュフィ

洋才書魂 No.141 2014年6月 Raoul Dufy/ラウル・デュフィ

2014/06/11

Antoni Gaudi アントニ・ガウディ アートブック

特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-
Takehiko Inoue Interprets Gaudi's Universe
会期 2014年7月12日(土)~9月7日(日)
会場 森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)   

《ガウディ関連書籍案内》
新本、古書(美品、良品、並品)に関わらず掲載しています。
*書籍販売について

PDF版カタログはこちら

❶ LA ORIGINALIDAD ES VOLVER AL ORIGEN
ANTONI GAUDI
VERDEHALAGO, 2010
60 págs., Tapa blanda bolsillo
3,700円
ガウディの名言集
"La inteligencia del hombre es de dos dimensiones, resuelve ecuaciones de una incógnita". "La curva significa límite, la recta expresa el infinito". "Todo sale del gran libro de la naturaleza; la obras de los hombres son un libro ya impreso". Aforismos de Antoni Gaudi.



Antoni_gaudi_la_originalidad_es_vol

❷ ESCRITOS Y DOCUMENTOS
ANTONI GAUDI
EL ACANTILADO, 2002
336 págs., Tapa blanda
6,000円
自分の考えを広める手段としてガウディが書き残したテキストを解析する。
《En muy pocas ocasiones se ha dejado que fuera el mismo Gaudí quien expusiera, llana y brevemente, sus ideas sobre arquitectura, construcción y ornamentación o sobre sus tipologías arquitectónicas preferidas: el templo y la casa.》 A partir de este planteamiento, Laura Mercader nos ofrece, por primera vez, una edición crítica global del legado escrito–con algunos textos todavía inéditos–de uno de los mayores arquitectos del siglo XX, una lectura fiable y genuina de los originales manuscritos o mecanografiados y un trabajo tan exhaustivo como necesario de documentación. El resultado es un documento histórico de primera magnitud–que descubre a un Gaudí interesado en la escritura como medio de divulgación de sus ideas–, imprescindible para revisar la obra arquitectónica de una de las personalidades de nuestra cultura con mayor proyección internacional.
Antoni_gaudi_escitos_y_docmentos



❸ MANUSCRITOS, ARTICULOS, CONVERSACIONES Y DIBUJOS (2ª ED.)
ANTONI GAUDI
MURCIA. COLEGIO OFICIAL DE APAREJADORES Y ARQUITECTOS TECNIC, 2002
128 págs., Tapa blanda
4,220円
アントニ・ガウディ 手稿、原稿、会話、デッサン

Antoni_gaudi_manuscritos_articulo_2

❹ ANTONI GAUDI
LLUIS PERMANYER
POLIGRAFA, 1998
64 págs., Tapa dura
2,640円(スペイン語版)
2,670円(英語版)

Antoni_gaudi_poligrafa


❺ GUIA VISUAL DE LA OBRA COMPLETA DE ANTONI GAUDI
VV.AA.
DOS DE ARTE EDICIONES, S.L., 2012
240 págs.
6,900円
750点を超える図版で分かるてガウディ作品のガイドブック
Las creaciones que han hecho de Gaudí uno de los arquitectos más influyentes de la historia, se analizan en este libro ilustrado –uno de los más completos, exhaustivos y rigurosos publicados hasta la fecha–, con más de 750 imágenes que sumergen al lector en un universo de formas, colores y texturas.

Antonio_gaudi_guiavisualdelaobracom


❻ GAUDI ESENCIAL
DANIEL GIRALT-MIRACLE
LIBROSDEVANGUARDIA, 2012
256 págs., Tapa blanda
5,640円
Daniel Giralt-Miracle(1944年バルセロナ生まれ、美術史家、美術評論家)はガウディ作品の良さをまとめるとともに、ガウディの生涯、思想、手法を軽妙に解説する。
La obra de Antoni Gaudí nos sigue fascinando hoy tanto como fascinó a Eusebi Güell. Daniel Giralt-Miracle sintetiza en este libro de ágil lectura lo esencial de su vida, su época, su ideología y sus métodos, al mismo tiempo que resume lo más valioso de cada obra, con el énfasis preciso en los aspectos que lo colocan en  lo más alto del canon mundial. Toda la información sobre el genial arquitecto, con los descubrimientos más recientes, por el máximo especialista actual en su obra.

Antonio_gaudiesencial


❼ EL METODO GAUDI
LLUC OLIVERAS
EDICIONES B, S.A., 2013
320 págs., Tapa blanda
3,180円
Ricardo Méndezは、グエル公園地下聖堂を20年以上にわたって追っている考古学者として知られている。彼は、作業員として地下聖堂建設に関わった14歳のVicenç Gómez Belmonteの日記を見つけた。
著者のLLUC OLIVERAS(1977年バルセロナ生まれ)は、ライター、脚本家、ディレクター、作詞家、作曲家。2011年から12年かけて、ガウディの関する著書を三冊出版している。
Ricardo Méndez es un reconocido arqueólogo que lleva más de veinte años siguiendo la pista de Antoni Gaudí y de la cripta de la Colonia Güell –una de las obras menos conocidas del genial arquitecto–. En su apasionada búsqueda da con el diario de Vicenç Gómez Belmonte, un joven de catorce años que entró a trabajar en la obra como peón y acompañó al gran maestro durante todo el proceso de construcción de la cripta, un lugar donde levantó un moderno obrador desde el que desarrolló su inigualable técnica y toda la creatividad que más tarde aplicaría al templo de la Sagrada Familia. Junto al maestro Gaudí, Vicenç se adentrará en la Barcelona de la época y en la mente de su mentor, llegando a entenderlo como persona y genio, y nos dejará claro que la mente de Gaudí funcionaba como la de un Leonardo Da Vinci o un Nikola Tesla y que conseguirá detallar la metodología de trabajo, la capacidad de liderazgo y el secreto de la concepción creativa del gran arquitecto.

Antoni_gaudi_elmetodogaudi


❽ GAUDI: EL ARQUITECTO DE DIOS
J. J. NAVARRO ARISA
PLANETA, 2002
268 págs., Tapa dura
4,370円
ガウディの逸話的な面を強調しているが、それがガウディの仕事手法を詳細に知ることができる。エキセントリックな日常の食事までも。
Subraya los aspectos más anecdóticos, pero gracias a ello podemos conocer con detalle su método de trabajo o su excéntrica dieta. Por otro lado, recorre de forma ordenada y meticulosa cada uno de los edificios realizados, insistiendo siempre en aspectos concretos de su localización y entorno actuales, como invitándonos a una visita en la que seguirá guiándonos con fidelidad.
Antoni_gaudielarquitectodedios


❾ ANTONI GAUDI
IGNASI DE SOLA-MORALES
POLIGRAFA, 2003
144 págs., 128ill. Tapa dura, Photographs by Rafael Vargas
La obra arquitectónica de Gaudí es inseparable de la ciudad de Barcelona. Aunque no todas sus realizaciones se hayan producido en esta ciudad, lo cierto es que no puede entenderse el conjunto de su obra sin establecer una directa relación con las ilusiones y cambios que esta ciudad vive desde el último tercio del siglo XIX hasta la segunda década del siglo XX.
5,590円(スペイン語版)
4,180円(英語版)

Antoni_gaudi_de_sola_morales

Antoni_gaudi_ingasi_de_sola_morales



❿ ANTONI GAUDI
Tarragó, Salvador (ed)
EDICIONES DEL SERBAL, 1991
182 págs., 61ilus. Tapa blanda
5,380円
複数の著者によるガウディと作品の重要性を違った視点から取り組む。
La obra arquitectónica de Gaudí, mayoritariamente realizada en la ciudad de Barcelona, no ha dejado de deslumbrar y de estimular a muchos arquitectos que ven en ella la prefiguración de algunas aspiraciones incumplidas de la arquitectura. Diversos autores abordan desde distintos ángulos y reflexiones el significado de Gaudí y su obra.
Salvador Tarragó i Cid es doctor Arquitecto, director de un Master de Restauración de Monumentos de Arquitectura de la UPC desde hace 20 años y presidente de SOS Monumentos.

Antonigaudi_serbal

⓫以降は、PDF版カタログをご覧ください。

2014/06/02

池田宗弘作品展 サンティアゴ巡礼路からメッセージ Exposición de Obras de Munehiro Ikeda

Ikeda_nunehiro_compostela_de_santia

 池田宗弘(1939年生まれ、彫刻家、版画家、自由美術協会会員)は、1983年から一年間、文化庁在外芸術家研修員としてスペインでロマネスク美術を研究したのち、12年間かけて、≪サンティアゴ巡礼道絵巻≫を完成させる。10世紀から12世紀にかけて西ヨーロッパに広まったロマネスク美術は、彫刻にも適用された。池田宗弘はロマネスク彫刻群を版画に描き起こした。本展では、版画と彫刻の作品を展示している。

 また、オーディオビジュアル展覧会「巡礼:フランチェスコのサンティアゴ巡礼の道」が同時開催されている。写真家マヌエル・バルカルセルと音楽家アレクサンドロ・ゴンサレスがイタリア、フランス、スペイン北部、そしてガリシアのサンティアゴを訪れ、1214年にフランチェスコが旅したアッシジからサンティアゴまでの同じ道をたどって完成させた作品展。

池田宗弘作品展 サンティアゴ巡礼路からのメッセージ
~池田宗弘文化庁派遣30周年記念展示会~
会期 2014年5月21日(水)-6月23日(月)
    10:00-16:00 土・日休館
    最終日は13:00まで
会場 在日本スペイン大使館地下一階
    東京都港区六本木1-3-29

主催 NPO法人日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会
後援 スペイン大使館、日本美術家連盟
公認 日本スペイン交流400年記念事業

Ikeda_munehiro_ten_1
池田宗弘氏(レセプションにて)

Ikeda_munehiro_ten_2
ガリシア州知事Alberto Núñez Feijoo氏(レセプションにて)

Ikeda_munehiro_ten_3

≪サンティアゴ巡礼関連書籍 GaleriaLIBRO洋才書魂≫

❶ GUIA DEL CAMINO DE SANTIAGO: CAMINO FRANCES: GUIA DEL PEREGRINO A PIE O EN BICILETA 2014
ANTON POMBO RODRIGUEZ
ANAYA TOURING, 2014
384 págs., Tapa blanda
6,510円
サンティアゴ巡礼ガイドブック2014
Antón Pombo (periodista e historiador), subdirector de la revista Camino de Santiago, ha recorrido la Ruta Jacobea en muchas ocasiones (cuatro veces sólo para la realización de esta guía). El Camino de Santiago en 66 etapas, paso a paso, incluidos los caminos en el sur de Francia y su prolongación desde Santiago hasta Fiste rra. Toda la información de interés para el peregrino organizada en torno a mapas del máximo detalle: calidad del suelo en cada tramo (pedregoso, tierra pisada, asfaltado...), gradiente de cuestas, perfiles altimétricos, zonas en sombra, fuentes, albergues... Ciudades, pueblos y aldeas: su atmósfera jacobea, los vestigios históricos y artísticos de la peregrinación... Albergues, hostales, restaurantes y todos los servicios para el peregrino disponibles en cada punto de las etapas.
Camino_guiadelcaminodesantiagocamin

❷ GUIA Y GASTRONOMIA DEL CAMINO DE SANTIAGO
MARIA ZARZALEJOS
ALIANZA EDITORIAL, 2004
480 págs., Tapa blanda bolsillo
4,570円
サンティアゴ巡礼ガイドとグルメ
Desde el momento en que Europa conoció «que el cuerpo del bienaventurado apóstol Santiago fue trasladado entero a España en territorio de Galicia» muchos fueron los peregrinos que rumbo a Compostela se restauraban en los cientos de hospitales que iban surgiendo a su vera. Siglos después, María Zarzalejos nos ofrece en Guía y gastronomía del Camino de Santiago la mejor compañía para el peregrino motorizado del siglo xxi. Dividido por comunidades autónomas, el volumen señala el itinerario en coche que corresponde al Camino, ofreciendo una completa información acerca de los lugares que merecen una visita, albergues, hoteles, restaurantes y bares, tiendas, etc., de todas las localidades ­incluidas las que se recorren a pie­ por el que aquél transcurre. Acompaña a cada parte un selecto pero más que suficiente recetario que permitirá al viajero, una vez en su casa, rememorar o recuperar aquellos platos o especialidades que dejaron en él un recuerdo más grato. Especial Xacobeo
Camino_guiaygastronomiadelcaminodes

2014/06/01

漫画家・井上雄彦が世界最大級の手漉き和紙に、ガウディの世界観を描く! El caricaturista Takehiko Inoue pinta la visión del mundo de Gaudi en el papel japonés de gran tamaño

 「井上雄彦氏 世界最大級の手漉き和紙制作プロジェクト」

 来る7月12日(土)から、森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)で開催される≪特別展 ガウディ×井上雄彦 シンクロする創造の源泉≫では、漫画家・井上雄彦がガウディの世界観を、面積で世界最大級となる手漉き和紙に筆で描いた作品が、本展のメインを飾るひとつとして展示される。

 手漉き和紙は、福井県越前市の上山製紙所(越前市岩本町/大正10 年創業・柳瀬彦左衛門代表)が制作するもので、同製紙所が1989 年に作り上げた「IMADATE 平成大紙」(高さ7.1m×幅4.3m ギネス登録済)を25 年ぶりに面積で上回る、高さ3.3m×幅10.7mに及ぶ「平成長尺大紙」となる。

 5月23 日(金)、井上雄彦は、上山製紙所で職人の指導を受けながら、作品に使われる和紙を漉いた。土地に根差した伝統技術を大切にしたガウディに倣い、井上氏も、ものづくりの現場へと足を運び、力を合わせて創作活動を行った。 

 漉き手を鼓舞する太鼓が、平成長尺大紙の制作の始まりを告げる。紙漉き唄に合わせるように、原料の楮(こうぞ)を木の棒を使って皆で練り混ぜる。大紙の紙漉きに参加したのは、総勢20 人。井上雄彦と柳瀬彦左衛門を中心に、職人14 人と井上雄彦の事務所のスタッフ4 人が巨大な簀(す)を取り囲む。

1
photo: 鈴木愛子

 柳瀬彦左衛門の掛け声を合図に、漉き手が呼吸を合わせ、声を掛け合いながら制作を進めた。楮の繊維を含む粘り気のある水は、簀の上を引いては返す波のように、何度も往復すること約50回。その度ごとに楮の繊維は積層され、しなやかで強い和紙へと姿を変えていく。

2
photo: 鈴木愛子

 重い簀を上げ下げしていた漉き手の額に汗が浮かんだ頃、簀の動きが止まった。会場で平成長尺大紙の制作を見守っていた人々は皆、拍手で和紙の漉き上がりを喜んだという。

3
photo: 鈴木愛子

 井上雄彦は、今回の手漉き和紙制作について次のように語った。
 「腰が痛い。思ったより大変でした。柳瀬さんから手は添える程度でよいと指導されていたんですが、波の勢いがすごくて。そんなこと言ってられなくなりました。今回、和紙の制作から手掛けたいと思ったのは、紙の材料や水の力も活用した絵を描きたいと思ったからです。そして、ご縁があって越前に来て和紙を漉かせていただいて改めて感じたのは、この伝承されてきた文化を大切に残していかなければならないということです。展覧会に向けて、この大きな紙にどんな絵を描くかは、紙が大きすぎて、まだ僕の視界に入りきっていないので分かりませんが、これからこの紙と対話を続けながらガウディの世界観の創出に取り組んでいきたいと思っています。」

特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-
Takehiko Inoue interprets Gaudi's Universe
2014 年7 月12 日(土)~9 月7 日(日)※会期中無休
開館時間 午前10 時~午後8 時(最終入場午後7 時半)
会場 森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ 森タワー 52F)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ