« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/28

記憶の迷宮・ブエノスアイレスより」 ラファエル・ヒル、星野美智子、フリオ・ゴヤ三人展

Buenos_aires_laberintso_de_las_memo

ラファエル・ヒル、星野美智子、フリオ・ゴヤ 三人展
「記憶の迷宮・ブエノスアイレスより」
“Buenos Aires Laberintos de las memorias"

会期 2014年3月28日 (金) - 4月8日(火)
   11:00~19:00(最終日17時迄)月曜休廊
会場 PROMO-ARTE Latin American Art Gallery
   東京都渋谷区神宮前5丁目51-3ガレリア2F
   Tel 03-3400-1995 
主催:PROMO-ARTE Latin American Art Gallery
後援:在日アルゼンチン共和国大使館

Buenos_aires_laberintso_de_las_me_2


 日本から最も遠い街、「南米のパリ」とも言われるブエノスアイレスを、その文学的側面から構成した今展「記憶の迷宮・ブエノスアイレスより」は、版画家ラファエル・ヒル(Rafael Gil)、版画家星野美智子(Michiko Hoshino)、そして彫刻家フリオ・ゴヤ(Julio Goya)、3名による展覧会。

 ちなみに、ブエノスアイレスの意味はスペイン語で「buenos 良い aires 空気又は風」を意味し、これは、船乗りの望む「順風」が街の名前になったと言われている。ブエノスアイレスの市民は、歴史が作り上げた呼び名「ポルテーニョ」とも呼ばれる。また、タンゴ発祥の地、ボカ地区もこのブエノスアイレスにある。

 ポルテーニョである版画家ラファエル・ヒル(Rafael Gil)は、壁は人類の歴史そのものを映し出していると言い、作家は、冷戦の終わりを象徴するベルリンの壁は、特に印象的だったと語る。刻まれた無数の傷や染み、時間の経過を得た壁は作家の記憶を呼び起こし内面世界へと導く。ヒルは今展で、壁が語る無限の記録と時空を感じさせる壁のシリーズを描いている。

 アルゼンチンの国民的大詩人、ホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luís Borges)の円環的、そして多面的な作品世界に惹かれ、版画家星野美智子は深遠な黒一色による質感も色彩の助けもないリトグラフ技法に徹して、自身の内面性とボルヘスの世界を融合したコンセプチュアルな抽象的表現のリトグラフ作品を制作している。

 彫刻家フーリオ・ゴヤ(Julio Goya)は、ラ・プラタ地域のグアラニー族やチャルーア族を始めとする先住民が住んでいた16世紀の文明の遺産「仮面」をテーマにしたステンレス製の立体作品を展示する。ヨーロッパ人植民団の貿易港として栄える以前のブエノスアイレスが象徴する「仮面」、そして、毎年ブエノスアイレスで開催されるカーニバルに欠かせないものとなっている「仮面」、それらのイメージを元に造形した仮面シリーズである。

 ブエノスアイレスの歴史、文学的側面に触れながら、現代に生きる版画家ヒルと星野、そして彫刻家ゴヤの創造的作品を、新作を含め約50点を紹介する。

【出品作家プロフィール】

ラファエル・ヒル
Rafael Gil
1942 ブエノスアイレス生まれ
1962 国立美術学校 ”Manuel Belgrano” , ”Prilidiano- Pueyrrendón”卒
1977 美術家としての活動開始
1996 現代アルゼンチン リトグラフ展を組織開催


星野 美智子
Michiko Hoshino
1934 東京生まれ
1956 東京女子大学(文)卒 
1963 東京芸術大学絵画科卒(油絵専攻)
現在 日本版画協会会員、国画会会員

フリオ・ゴヤ
Julio Goya
1953 アルゼンチン共和国ブエノスアイレス生まれ
1983 ブエノスアイレス国立芸術大学大学院卒業
1985 来日

2014/03/19

Ernesto Neto (Rio de Janeiro, Brazil 1964)


A 10 minute compressed cut of a film by Nathan Gulick on the installation of a new work by Brazilian artist Ernesto Neto. The work, entitled MOTHER BODY EMOTIONAL DENSITIES, FOR ALIVE TEMPLE TIME BABY SON, was on display at the Museum of Contemporary Art San Diego - the inaugural show at the new downtown location. The film tracks the progression of the installation (of one of his largest works to date) and is intercut with dual interviews that give insight into his working methods and thought process.


View Ernesto Neto's lecture at the Urban Institute for Contemporary Arts, as part of the Penny W. Stamps Speaker Series. A leader in Brazil's contemporary art scene, sculptor Ernesto Neto expands the practice of sculpture with physical interaction. Over the last decade, he has achieved international acclaim for dramatic, participatory environments involving biom...orphic forms. Though his work is characterized by the use of stretchy, transparent fabric, often weighted with spices, he constantly experiments with other materials and techniques. Underpinning all his work is a continual inquiry into a vast range of subjects, including anthropology, subatomic physics, urban planning, sociology, film and literature. In his work, Neto aims to create "an art that unites, helping us to interact with others, showing us the limits, not as barriers but as a place of sensations and of exchange and continuity."

2014/03/18

エル・グレコ没後400年記念硬貨の発行

Moneda_iv_centenario_de_el_greco


 エル・グレコ(本名:ドメニコス・テオトコプーロス/El Greco-Domenicos Theotocopoulos)の没後400年を記念して、スペイン造幣局(Fábrica Nacional de Moneda y Timbre-Real Casa de la Moneda)は、銀製の記念硬貨を2014年4月7日に発行すると伝えている。その額面価格は30ユーロとなる。

 記念硬貨を入手するには事前に金融機関で予約が必要。硬貨の表面には、スペインのフアン・カルロス国王とソフィア王妃が描かれている。

 裏面には、エル・グレコの≪胸に手を置く騎士の肖像/El caballero de la mano en el pecho≫(プラド美術館蔵)が描かれている。硬貨を見る角度によって、数字の「1614」と「2014」が浮かび上がる。

2014/03/15

José María Sicilia/ホセ・マリア・シシリア 

洋才書魂 No.139 2014年3月 José María Sicilia/ホセ・マリア・シシリア 

2014/03/12

ホセ・マリア・シシリア、福島・冬の花 José María Sicilia. “Fukushima. Flores de Invierno”

 日本スペイン交流400周年を記念して、「ホセ・マリア・シシリア、福島・冬の花」と題した展覧会が本日から東京のスペイン大使館で開催される。

 本展は、2011年3月11日に東北地方沿岸を襲い、原発事故を引き起こした津波の様々な音を元に作り出された作品で構成されている。今回は、去年福島県立美術館にて展示された同作品の中から厳選した主要2点が展覧できる。

ホセ・マリア・シシリア、福島・冬の花
José María Sicilia. “Fukushima. Flores de Invierno”


会期 2014年3月12日(水)-4月11日(金) 10:00-17:00
    休館日 土曜日・日曜日・3月21日(金・祝日)
会場 スペイン大使館
    東京都港区六本木1-3-29
    Tel. 03-3505-8765(スペイン大使館文化部)
入場無料

展覧会図録

El próximo 12 de marzo se inaugura en la Embajada de España en Tokio una selección de piezas la exposición José María Sicilia. Fukushima. Flores de Invierno, organizada por Acción Cultural Española (AC/E) dentro de los actos programados para celebrar el Año Dual España–Japón. La muestra, cuyo título se inspira en el relato “Flores de Verano” del escritor superviviente de la bomba atómica de Hiroshima, Tamiki Hara, fue inaugurada el pasado mes de octubre en Fukushima y en diciembre también se pudo ver en Matadero Madrid una pequeña representación de la misma.
Esta exposición presenta algunos de los trabajos más singulares de José María Sicilia (Madrid, 1954), uno de los artistas que mejor representa el panorama artístico español actual. Sicilia plasma, a través de una serie de obras con diferentes técnicas, materiales y formatos, distintos sucesos en la región de Tohoku causados por el gran terremoto y posterior tsunami del 11 de marzo de 2011. Para llevar a cabo este proyecto, el artista visitó en múltiples ocasiones las zonas afectadas, con el fin de investigar, descifrar y comprender lo que allí pasó y sigue pasando. El resultado de esta investigación artística culminó en una exposición en el Museo Prefectural de Arte de Fukushima, que se pudo ver entre el 4 de octubre y el 1 de diciembre de 2013. De esta exposición ahora se exponen en la Embajada de España en Tokio dos obras de gran formato: el conjunto de banderas titulado “Un país llamado Accidente”, que muestra en sus telas el dibujo de las grafías que genera la traducción del rugir del tsunami; y “Castillos de arena”, que se compone de las manualidades realizadas por niños de Tohoku en talleres dirigidos por el artista, así como de una grabación sonora con sus voces en la que evocan su primer recuerdo. Con motivo de esta exposición, Acción Cultural Española (AC/E) produjo un documental dirigido por Gonzalo Robledo y editó un catálogo trilingüe (japonés, español e inglés).
Sicilia es considerado junto a Miquel Barceló y Miguel Ángel Campano uno de los referentes de la renovación de la pintura española que tuvo lugar en la década de los ochenta y que se caracteriza por la fuerte tensión entre la abstracción y la figuración y el contraste entre vacíos y llenos.
Esta exposición es un oportuno diálogo intercultural que contribuye al acercamiento entre los creadores de España y Japón. Con ella el artista sirve de testigo artístico de uno de los más trágicos acontecimientos en la historia reciente de Japón.

ビデオ J.M. Sicilia llega a Tokio con “Flores de invierno”

スペイン大使館Facebook

2014/03/11

JOSE MARIA SICILIA: FUKUSHIMA: FLORES DE INVIERNO ホセ・マリア・シシリア 福島 冬の花

Jose_maria_sicilia_fukushimafloresd


JOSE MARIA SICILIA: FUKUSHIMA: FLORES DE INVIERNO
José María Sicilia

2013, Madrid, Turner
244 páginas; 26x19 cm
Idiomas: スペイン語、日本語、英語
展覧会図録
10,530円

2013年3月11日、東北沿岸の大地震により発生した津波の悲劇を表現。
書名は、原民喜の短編小説《夏の花》から発想を得ている。小説家・詩人の原民喜は、広島の原爆を生き抜いた。しかし、妻の貞恵は原爆の犠牲となる。妻の死と広島の原爆は原民喜の作品において重要なベースとなった。
ホセ・マリア・シシリアは、鳥の鳴き声、津波の音、福島で聞こえた騒音に関心を示し、パラメーターを通じた様々音源を制作の出発点と受け止め、前述の音声を解析する。
津波発生時に海洋で記録された音データと、津波が陸に押し寄せた時に収録された映像や音声記録(YouTubeなどの津波の映像から聞こえる警戒警報メッセージ、鳥の鳴き声、人々の声など)から、作品化した。

ホセ・マリア・シシリア関連書籍

ホセ・マリア・シシリア 福島・冬の花
会期 2014年3月12日(水)-4月11日(金) 
    
会場 スペイン大使館
    

ホセ・マリア・シシリア 福島・冬の花
José María Sicilia, Fukushima Flores de Invierno
会期 2013年10月4日(金)~12月1日(日)
    
      
会場 福島県立美術館

2014/03/02

講演会 アンデスに生きる西洋中世 Lecture: The Middle Ages of the West that Persists in the Andes

アンデスに生きる西洋中世
キリスト教教会と先住民芸術における「人魚」の表現をめぐって 

 20世紀半ばより、ケーロ(木製壺)や教会ファサードを飾る「人魚」は先住民神話に基づく図像と解されてきた。しかし、「人魚」はもともと中世ヨーロッパに生まれたキリスト教関連図像である。植民地における美術の担い手と民衆意識の変容を探る。

講演者 Margarita Vila da Vila(スペイン・ビーゴ生まれ)
サンティアゴ・デ・ラ・コンポステーラ大学で中世美術史を専攻、博士号を取得。
結婚を機にボリビアに渡り、現在はコロニアル様式にも関心を持つ。

講演日時と会場は下記の通り
いずれも聴講無料、 スペイン語通訳あり

1.東京会場
3月3日(月)13時半より15時 
東京外国語大学府中キャンパス 留日センター 103教室
(最寄駅:西武多摩川線多磨)
主催 東京外大日西交流400周年実行委員会
共催 東京外大総合文化研究所・長崎純心大学

2.長崎会場
3月4日(火)17時半より19時 江角記念館 
(最寄バス停:純心校前)

3.大阪会場
3月6日(木)17時半より19時 
大阪大学豊中キャンパス 文学研究科・芸術研究棟1階 芸3教室 
(最寄駅:阪急宝塚線石橋より徒歩15分、大阪モノレール柴原より10分)

問合せ先 長崎純心大学 浅野ひとみ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ