« Ernesto Che Guevara | トップページ | 講演会 アンデスに生きる西洋中世 Lecture: The Middle Ages of the West that Persists in the Andes »

2014/02/28

西川勝×岡村淳 「一人で生きるということ-ドキュメンタリーとケアの哲学」

 南米の日本人移民、環境・社会問題をテーマに「ひとり取材、ひとり語り」を実践する在ブラジルの記録映像作家、岡村淳。そして、「咳をしても一人」の句を残した放浪の俳人・尾崎放哉を通して「一人で生きること」を論じる元看護士の哲学者、西川勝。

  『「一人」のうらに』の著者・西川勝が説く「孤独に応答する孤独」という「ケアの文化」のあり方は、『忘れられない日本人移民』で著者・岡村淳が語るドキュメンタリー制作の精神と響きあうものがある。

 ドキュメンタリーの哲学とケアの哲学について、同世代のふたりの対談が明日3月1日(土)開催される。

対談:西川勝×岡村淳
「一人で生きるということ――ドキュメンタリーとケアの哲学」

出演
岡村淳(港の人)
西川勝(サウダージ・ブックス)

開催日時
2014年3月1日(土)
15:30-17:30(15:00開場)

会場
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

入場料
1500円 + 1 ドリンクオーダー(500円)

参加申し込み等の詳細は下記まで(満席となっているかどうか主催者にご確認ください。)
本屋B&B

岡村淳(おかむらじゅん)
1958年東京生まれ。記録映像作家、ブラジル在住。作品に『郷愁は夢のなかで』『ブラジルに生きて』『あもーるあもれいら』『リオフクシマ』ほか多数。
Honya_b_b_wasurerarenai_nihonjin_im


西川勝(にしかわまさる)
1957年大阪生まれ。臨床哲学者。大阪大学コミュニケーションデザインセンター特任教授。おもな著書に『ためらいの看護』『となりの認知症』ほか。
Honya_b_b_hitorino_urani

« Ernesto Che Guevara | トップページ | 講演会 アンデスに生きる西洋中世 Lecture: The Middle Ages of the West that Persists in the Andes »

Art Topics/アートの紙魚」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ