« ビセンテ・ブランコ 「驚くべきリアル」展 Vicente Blanco/The Marvelous Real | トップページ | ジョアン・フォンクベルタ 「驚くべきリアル」展 Joan Fontcuberta/The Marvelous Real »

2014/01/02

Encuentros / Tensiones. Arte latinoamericano contemporáneo. Colección Malba + Comodatos

Encuentrostensionesartelatinoamer_2


Encuentros / Tensiones
Arte latinoamericano contemporáneo. Colección Malba + Comodatos
遭遇/緊張
現代ラテンアメリカ美術-Malba収蔵作品+寄託作品


MALBA-Museo de Arte Latinoamericano de Buenos Aires (2階5室)
Av Pres. Figueroa Alcorta 3415, C1425CLA Buenos Aires-アルゼンチン
2013年10月18日-2014年2月10日
12:00-20:00(水曜日21:00まで) 入場は閉館30分前まで
休館日 火曜日
入場料 一般 $45他

 本展は、MALBA収蔵品と寄託品から100点を超える現代ラテンアメリカ美術家60名の作品(絵画、デッサン、オブジェ、インスタレーション、映像)を展示する。展示作品には、Ana Mendieta(キューバ)、Ernesto Neto(ブラジル)、Oscar Muñoz(コロンビア)、Alfredo Hlito(アルゼンチン)、Pablo Suárez(アルゼンチン)、Jennifer AlloraとGuillermo Calzadilla (プエルトリコ)のユニット.の新作6点も含まれている。

 1960年代終りラテンアメリカのコンセプチュアリズムにおける中心的作品から現代にいたるまでを、テーマ・形式別に展示構成を七つに分けている。構成と出品作家は以下の通り。

Conceptualismos (コンセプチュアリズム)
Mira Schendel, Liliana Porter, Antônio Dias, Luis Camnitzer, Anna Maria Maiolino, Guillermo Deisler, Nelson Leirner, Margarita Paksa, Marta Minujín, Helio Oiticica, Ana Mendieta

Los años 80, el posmodernismo  (80年代、ポストモダニズム)
Guillermo Kuitca, Julio Galán, Marcia Schvartz, Pepe Fernández (José María Fernández), Pablo Suárez, José Bedia Valdés

Neo Dadá  (ネオダダ)
Marcelo Pombo, Alejandra Seeber, Liliana Porter, Liliana Maresca, Sergio Avello, Feliciano Centurión, Omar Schilliro, Andrés Toro, Los Carpinteros, Allora & Calzadilla, León Ferrari, Jorge Gumier Maier, Jorge Macchi, Mondongo

Nuevos minimal  (新ミニマリズム)
Anna María Maioilino, Artur Lescher, Waltercio Caldas, Iran do Espirito Santo, Mariano Dal Verme, Ramsés Larzábal, Lucio Dorr, Oscar Bony, Tomás Saraceno, Fabio Kacero 

Transformación de la materia (物質変換)
Leo Battistelli, Artur Lescher, Daniel Joglar, Tomás Espina, Víctor Grippo, Ernesto Neto   

Violencias (バイオレンス)
Alfredo Jaar, Fernando Brizuela, Adriana Bustos, Tomás Espina, Oscar Muñoz, Alejandro Cesarco, Víctor Grippo

Geopolítica (地政学)
Cristina Piffer, Francis Alÿs, José Carlos Martinat, León Ferrari, Miguel Angel Ríos, Fernando Bryce, María Teresa Ponce, Colectivo Sociedad Civil

 現代美術をめぐる論争は、ローカル(多様性)と普遍性との関係で行われている。今日、ヨーロッパ的概念は陳腐と考えられ、文化の地域性の表出が際立つとともに、グローバル化の破たんが言われている。美術作品に関しては、ラテンアメリカは、ラテンアメリカである特質を持つ地域であるとともに、明確な地域性のある諸文化を持つ地域でもある。

 展示空間は、概念的な流れや様々な接点からばかりでなく、ラテンアメリカ現代美術の初期と現在との間における葛藤と軋轢、幾多の芸術思想の間における葛藤と軋轢に基づいて、作られている。その継続性、もしくは伝統性とともに、崩壊、論争、反動、変動を明らかにしようとする。

Malba_encuentrostensiones_2013_2

« ビセンテ・ブランコ 「驚くべきリアル」展 Vicente Blanco/The Marvelous Real | トップページ | ジョアン・フォンクベルタ 「驚くべきリアル」展 Joan Fontcuberta/The Marvelous Real »

Art Exhibition/展覧会」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ