« ホアキン・ソローリャ Joaquín Sorolla | トップページ | ピラール・アルバラシン 東京都現代美術館 「驚くべきリアル」展 Pilar Albarracín/The Marvelous Real - Contemporary Spanish and Latin American Art from MUSAC Collection  »

2013/11/28

タパス:食のためのスパニッシュ・デザイン展 Tapas: Spanish Design for Food

 世界無形文化遺産として登録された食文化には、フランスの美食術、メキシコの伝統料理、トルコの伝統料理ケシケキ(麦がゆ)、そしてスペインを含む地中海料理(スペイン、イタリア、ギリシア、モロッコ)などがある。遺産登録されるのは料理そのものばかりでなく、その料理を生み出した地域社会やアイデンティティーといった料理を支える周辺環境も含まれている。

 現在、駐日スペイン大使館(東京都港区)では、スペインの小皿料理のタパスTapas文化を感じ取る≪タパス:スパニッシュ・デザイン・フォー・フード展 Tapas Spanish Design for Food≫が開催されている。

Tapas_spanish_design_for_food_logo

日本スペイン交流400周年記念
タパス:食のためのスパニッシュ・デザイン展 
Tapas: Spanish Design for Food

会期 2013年11月18日(月)-2014年1月10日(金) 
会場 駐日スペイン大使館 オーディトリアム(B1F
    東京都港区六本木1-3-29
開場時間 10:00-17:00
閉館日  毎週土日、12月6日(金)、
              12月23日(月)から2014年1月5日(日)まで
入場無料

主催 Acción Cultural Española (AC/E, スペイン文化活動公社)
協力 駐日スペイン大使館(東京)

【アクセス】  南北線 六本木一町目駅2番出口
日比谷線 神谷町駅4番出口
銀座線 溜池山王駅13番出口
千代田線 赤坂駅5番出口
Mapa_embajada_de_espana_2

AceEmbajada_de_espanaJapon_espana_400

 日本スペイン交流400周年を記念した展覧会≪タパス:Spanish Design for Food≫を主催しているAccoón Cultural Española (AC/E)は、スペイン国内外で文化や歴史遺産をプロモーションするための公的機関。

 展覧会のコンセプトは、バラエティーに富んだ種類の小皿料理タパスを、テーブルに並んだ中から選んだり、あるいはカウンターで直接注文したりして食す「タパスする」という表現から生まれた。「タパ(タパスの単数形で「蓋」の意味)」という名称は、昔、ワインのグラスにホコリや虫が入らないように、パンや腸詰で蓋をしたという習慣に由来している。

 ジュリ・カペーリャがキュレーターを務める本展は、「キッチン」、「テーブル」、「食べ物」の3つのコーナーから構成され、スペインの食文化に関わるキッチンツール、テーブルウエア、ワインセラー、ワインラベル、その他たくさんの製品を、「デザイン」という切り口で紹介する。

 スペインで過去25年にデザイン・生産された物のほか、本展では、長年にわたって広まったスペインならではの伝統的なグッズも展示されている。

 飲み物を衛生的に人と分け合える「ボティホ」「ボタ」「ポロン」は、スペインを代表する素晴らしいグッズといえるだろう。

 「ボティホ」と呼ばれる水差しは、小孔のある陶土でできているため、壺の内側と外側の温度差によって生じた蒸気が蒸発するのを助け、冷蔵庫のように中の水を冷たくキープすることができる。

 有機素材の皮でできた酒袋「ボタ」は、飲み物を入れて持ち運べる入れ物だ。そしてガラス製の「ポロン」は、中身が見える円錐形の容器で、一方の口からは中の飲み物が勢いよく出て、もう一方の幅の広い口からは飲み物を簡単に補充することができる。人の手から手へと回し飲みをするのに便利な容器である。

 その他に、スペイン最新のワインセラー建築に関する動画や、フェラン・アドリア氏のエル・ブジや、カン・ロカ氏のエル・セジェールといった、スペインのグルメを世界一流のレベルに高めたレストランで使われている什器も展示されている。

 また本展では、スペインで民芸に代わるものとして出てきたデザインが、時代とともに確固とした地位を確立し、現在のようにデザインが日常生活をより豊かにし、経済成長に貢献するようになるまでを紹介している。さらに、「エル・ブジ」「エル・セジェール」「ハレオ」「ムガリッツ」といったレストランのために生み出されたデザインも展示している。

Twin_one_2
Twin One 「ツイン・ワン」
デザイン:Twin One「ツイン・ワン」
生産者:Lékué 「ルクエ」

Coporron_4
Coporrón 「コポローン」
デザイン:Martín Azúa y Gerard Moliné      
「マルティン・アズア」と「ジェラルド・モリネー」

Toy
Toy 「トイ」
デザイン:Jaime Hayón 「ハイメ・アジョン」
生産者:Lladró 「リヤドロ」

【タパス展オープニングでの撮影写真】
Tapas_spanish_design_for_food_1

Tapas_spanish_design_for_food_2

Tapas_spanish_design_for_food_3

Tapas_spanish_design_for_food_4

Tapas_spanish_design_for_food_6
スペイン人デザイナーのルイス・ウルクロ氏とシェフのミゲル・アンヘル・デ・ラ・クルス氏、そして服部栄養専門学校の生徒たちとのガストロノミー・ワークショップの成果である「Tapas as Haiku」 

ビデオ: TAPA AS HAIKU ― デザインと食のワークショップ
<2013日本スペイン交流400周年>のサイトにジャンプします。

« ホアキン・ソローリャ Joaquín Sorolla | トップページ | ピラール・アルバラシン 東京都現代美術館 「驚くべきリアル」展 Pilar Albarracín/The Marvelous Real - Contemporary Spanish and Latin American Art from MUSAC Collection  »

Art Topics/アートの紙魚」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ