« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/30

スペイン現代美術 アントニ・タピエス、アントニオ・サウラ、エステバン・ビセンテ、ホセ・ゲレロ Contemporary Art in Spain: Antoni Tàpies, Antonio Saura, Esteban Vicente, José Guerrero

≪アントニ・タピエス≫

❶ ANTONI TAPIES. Haus der Kunst, München 2000.
Antoni Tapies, Manuel J. Borja-Villel
Fundacio Antoni Tapies, Barcelona/ Haus der Kunst, München
München, Aldeasa, 2000. 1st edition, 324pp., many full-page colour-illustrations, softcover, text in German, 31 x 28,5 cm. Used book: perfect, unread.
28,190円
Antoni_tapies_haus_der_kunst_munche

❷ Antoni Tapies Exposition Catalogue 1989 Der Brücke
Antoni Tapies Exposition Catalogue, 1989, Der Brücke Gallery. 22 Works, one of 100 copies, 55pp., 10 1/2" x 8". Used: good condition.
14,130円
Antoni_tapies_exposition_catalogue_

❸ ANTONI TAPIES - Fondation Maeght, 1976.
Catalogue with TWO ORIGINAL LITHOGRAPHS
Saint Paul, Fondation Maeght, 1976. Pap., square 8vo, unpaginated, profusely illustrated in colour and bl/w. Contains two ORIGINAL DOUBLE-PAGE LITHOGRAPHS  in colour (one on cover). Used: very good
16,680円
Antoni_tapies_fondation_maeght_1976 Antoni_tapies_fondation_maeght_19_2

❹ Antoni TAPIES Recent Works Pace Gallery Paintings 1993 Art Exhibition Catalogue
This beautifully produced oblong shaped softcover catalogue with stiff wraps and a die-cut cover with French folded flaps was published on the occasion of the above exhibition of Barcelona-born Spanish artist Antoni Tapies. The first front end page and last end page are elegant plain black rag.  The catalogue opens with a telling quote from the artist. It features 17 color illustrations. At the end is a Checklist of all 17 works in the catalogue, followed by a lengthy, multi-page biographical chronology. 
It has 64 apages and measures 11.25 by 9.5 inches. Other than minor shelfwear, it is in excellent condition. NOT ex-library; NO markings whatsoever.  Used
8,200円
Antoni_tapies_recent_works_pace_gal Antoni_tapies_recent_works_pace_g_2

≪アントニオ・サウラ≫

❺ ANTONIO SAURA - Mariuccia Galfetti
L'oeuvre imprime 1958-1984,
Geneva, Cabinet des Estampes, 1985.
Pap., 4to, 199p, illustrated in bl/w, with some colour plates.
Catalogue raisonne of the prints, listing 387 items. Standard work.
Used:very good. Weight:700  grs
15,810円
Antonio_saura_mariuccia_galfetti

❻ Antonio Saura : Galerie Stadler, Paris, 1990 Catalogue
This catalogue, produced in conjunction with a 1990 exhibition at the Galerie Stadler, Paris, is an excellent resource on the work of Spanish artist Antonio Saura.  It includes an essay by Jacques Henric, biographical notes on the artist, a checklist of the 25 recent works exhibited, and 25 superb color plates.  All text is in French.
The 32-page softcover volume measures 11.75 x 8.25 inches, and it is in excellent condition.  Used.
5,540円
Antonio_saura_galerie_stadler_paris

❼ ESTEBAN VICENTE Ameringer | McEnery | Yohe Gallery 2012
The exhibition will open on 10 January and will remain on view through 9 February 2013. Phlox, helianthus, foxglove and daisies populated the garden of Esteban Vicente’s home in Bridgehampton, New York, representing spring’s prosperity and abundance of color. The sunlight he felt in the garden shines through these paintings, evoking the early summer afternoons that Vicente spent working in his studio. Motivated by the way that the sunlight hit the flowers and the grass of his New York country house, he continued to paint well into his 90’s. Used: New, sealed, about 10.5x9" in size.
6,040円
Esteban_vicente_ameringer_mcenery_y

≪エステバン・ビセンテ≫

❽ Esteban Vicente: Collages 1950-1994 Exhibit Catalog
Ivam Centre Julio Gonzalez, 1995
Textos de E. Vicente, E. Frank, E. De Kooning, J.M. Bonet y E. Russotto.
Cronología, exposiciones y bibliografía, Textos en castellano e inglés, Encuadernación rústica, Dimensions 22 x 24 cm, Pages 162, Color ilustrations 103, BW ilustrations 10. Used
8,530円
Esteban_vicente_collages_195094 Esteban_vicente_collages_19501994_1

❾ Concrete Improvisations: Collages and Sculpture by Esteban Vicente Vicente
Grey Art Gallery & Study Ctr, 2011. 269pp., paperback, 9.00x10.25
The Spanish-born painter, collagist and sculptor Esteban Vicente (1903-2001) is one of Abstract Expressionism's most independent-minded artists, and yet still among its most neglected figures. Illuminated by a plein-air warmth of color, his Matisse-like paper collages and paintings express an ease of touch, replacing gestural angst with love of materials. Concrete Improvisations: Collages and Sculpture by Esteban Vicenteprovides a major reassessment of Vicente's career, focusing on his collages and assemblage-like sculptures. Alongside essays by Daniel Haxall and Edward J. Sullivan, the volume also includes selections from interviews conducted by Sullivan with Vicente's friends and colleagues Irving Sandler and Elizabeth Frank, as well as with several of his best-known students: Chuck Close, Dorothea Rockburne and Susan Crile.
4,770円
Esteban_vicente_concrete_improvisat

❿ Esteban Vicente: The Aristocratic Eye
Sandler, Irving
Ameringer Yohe Fine Art, New York, 2007
4to, 67 pp. Used
6,980円
Estevan_vicente_the_aristocratic_ey

≪ホセ・ゲレロ≫

⓫ José Guerrero, Los años primeros (1931-1950)
Diputación Provincial De Granada, 2008.
Cristina Rodríguez Castillo; Robert Ian MacCandless Carrey; Giovanni Caprara, (tr.)
Francisco Baena Díaz, (col.)
144 páginas; 24x18 cm, Idiomas: Español, Inglés, Italiano. Rústica
Catálogo de exposición. Centro José Guerrero, del 16 de octubre de 2008 al 11 de febrero de 2009 Real Academia de España en Roma, del 5 de febrero al 29 de marzo del 2009. Used
3,900円
Joseguerrerolosanosprimeros19311950

⓬ El Efecto Guerrero: José Guerrero y la pintura española de los años 70 y 80.
(Exposición en el Centro José Guerrero, Granada, y en el Museo de Navarra, Pamplona. Del 26 de enero al 16 de abril de 2006 y del 4 de mayo al 18 de junio de 2006)
Diputación de Granada / Centro José Guerrero, 2006, Granada
22x21. 176 pgs. Láminas a color. Fotografías a color y en blanco y negro. Used
5,510円
Jose_guerrero_el_efecto_guerrero

⓭ José Guerrero. Catálogo de la exposición celebrada en las salas del Caserón de Alhajas en Madrid, diciembre 1980-enero 1981
PLEYNET, Marcelin; ORTUÑO, Pancho & BONET, Juan Manuel (Textos)
Ministerio de Cultura. Dirección General de Bellas Artes, Archivos y Bibliotecas, Madrid, 1980
21x28 152 pp. Used
5,340円
Jos_guerrero_diciembre_1980_enero_1

*ブログ記事≪ソフィア王妃芸術センター所蔵 内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』 Dentro y fuera, las dos caras del Informalismo español en las colecciones del MNCARS≫でも、展覧会図録等を紹介しています。

*今回紹介しました以外の展覧会図録をお探しでしたらお尋ねください。

2013/10/29

ソフィア王妃芸術センター所蔵 内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』 Dentro y fuera, las dos caras del Informalismo español en las colecciones del MNCARS

 2013-14年に実施される「日本スペイン交流400周年」事業の一環として、「ソフィア王妃芸術センター所蔵 内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』」が開催されます。本展は、20世紀美術史における最も重要な運動の一つとなったアンフォルメル(不定形)絵画のスペインにおける展開を、同国を代表する現代美術館であるマドリードのソフィア王妃芸術センターの所蔵品14点により紹介します。

Antonio_saura_la_grande_foule_1963_
アントニオ・サウラ《大群衆》1963年、ソフィア王妃芸術センター、マドリード
©Succession Antonio Saura /
www.antoniosaura.org, VEGAP, Madrid & JASPAR, Tokyo, 2013 D0338

ソフィア王妃芸術センター所蔵
内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』


会期 2013年10月3日(木)~2014年1月5日(日)

開館時間 午前9時30分~午後5時30分
 毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
 ※入館は閉館の30分前まで
 ※上野公園での明かりと稔りのフェスティバル「創エネ・あかりパーク(R)2013」 開催中の11月2日(土)
   及び 11月3日(日)は夜8時まで開館(入館は閉館の30分前まで)。
 休館日:月曜日(ただし、10月14日、11月4日、12月23日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日


会場 国立西洋美術館 新館展示室

観覧料 一般420円他

主催 国立西洋美術館、ソフィア王妃芸術センター、スペイン政府―Acción Cultural Española(AC/E, スペイン文化活動公社)、読売新聞社

後援 スペイン大使館協力:西洋美術振興財団
Ano_dual_espana_japon_400_anos_de_r

 戦後のパリで勃興したアンフォルメル芸術は、1950年代にスペインの芸術家たちに瞬く間に吸収され、1960年代にかけて一大潮流を形成しました。
 本展はアントニ・タピエス(1923-2012年)、アントニオ・サウラ(1930-98年)、エステバン・ビセンテ(1903-2001年)、ホセ・ゲレーロ(1914-91年)という4人の重要な芸術家に焦点を絞って構成します。タピエスとサウラは、フランコ体制下のスペインに活動拠点を置いて制作を続け、具象性を完全に捨て去らずに素材の物質性や荒々しい造形を追求しました。一方ビセンテとゲレーロは、ニューヨークに渡ってアクション・ペインティングやカラーフィールド・ペインティングといった戦後アメリカの動向に接し、色彩と平面性の側面から絵画の本質を追求しました。しかしどちらのグループも、芸術家個人に内在する精神を直接的に表現する、明確なかたちを持たない絵画を創造した点で、共通した特徴を有しています。彼らの作品を併せて展示することにより、スペインのアンフォルメル絵画の多様性を見る事ができます。

≪展覧会カタログ≫
ソフィア王妃芸術センター所蔵 内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』
2013年発行、94頁、高さ29cm ISBN:978-84-8026-479-2
2,000円(税込)

≪巡回展≫
長崎県美術館
2014年1月17日(金)~3月9日(日)

≪ギャラリー・トーク≫
日時:2013年10月4日(金)、11月15日(金)、12月20日(金)
各回18:00から約20分
集合場所:展示会場(新館展示室)
参加無料。ただし、観覧券が必要。
解説者:川瀬佑介(国立西洋美術館研究員)

≪関連書籍≫ *海外発注
=アントニ・タピエス=
① TÀPIES: DESDE EL INTERIOR 1945-2011
LA FABRICA, 2013, 232 págs.,tapa blanda
Coeditado con el Mnac y la fundación Antonio Tapies el libro acopaña a la gran exposición comisariada por Vicene Todoli. La selección abarca más de un cnetenar de obras desde 1945 hasta 2011, la mayoría provenientes de su colección personal.
9,560円
Tapies_desde_el_interior


② ANTONI TAPIES: ESENCIA SECRETA
Álvarez Niebla, Antonio, (ed. lit.)
Caja de Ahorros y Monte de Piedad de Zaragoza, Aragón y Rioja (Ibercaja, Obra Social y Cultural), 2005, 123 pages; 28x23 cm, Rústica
4,000円
Antonitapiesesenciasecreta


③ PEQUEÑA HISTORIA DE ANTONI TAPIES
Tàpies, Antoni ; Bayés, Pilarín
Editorial Mediterrània, S.L., 2008, New, softcover
2,620円
Pequeina_historia_de_antoni_tapies

=アントニオ・サウラ=
④ ANTONIO SAURA CATALOGO
Madrid. 2002, Caja Duero. 30x25. 174p.
Fotogr. Textos en español e inglés.
12,800円

Antonio_saura_catalogo


⑤ Antonio Saura. Stedelijk Museum Amsterdam, 11 oktober t/m 25 november 1979.
Stedelijk Museum., Amsterdam., 1979, Used.
Auflage: 2000 Exemplare. Amsterdam. Stedelijk Museum. 1979. 28 x 21 cm. 72 unpaginierte S. OKarton. Einband marginal berieben, sonst sehr gutes Exemplar. Catalogus: nr 657. Text in Niederländisch. Mit Textbeiträgen von Bert Schierbeek, einem [Gedicht] von Lucebert, sowie einem Interview von Antonio Saura/Ad Petersen. Enthält 310 nummerierte Abbildungen. Einband marginal berieben, sonst sehr gutes Exemplar.
3,430円
Antonio_saura_stedelijk_museum_amst


⑥ PASO A LA MODERNA INTENSIDAD
Antonio Saura
Edita: Servicio de Publicaciones Consejería de Cultura, Turismo y Artesanía de la Junta de Castilla-La Mancha - Fundación de Cultura y Deporte de Castilla-La Mancha. Toledo, 2008
JUNTA DE CASTILLA LA MANCHA, Textos: Carmen Bernández; Jaime Brihuega; María García Soria; Cristina Giménez Navarro-Anna María Guasch, Diseño gráfico: Miguel López
Descripción: 25,8 x 20,6 cm., 544 pp., tapa dura, il. b/n y col., textos en castellano e inglés
7,520円

Antonio_saura_el_paso_a_la_moderna_

=エステバン・ビセンテ=
⑦ ESTEBAN VICENTE
Exposición de collages 1959-1998. 43 láminas 28x21 cm, Tapa blanda
Galería Elvira González (2001)
10,340円
Esteban_vicente_galera_elvira_gonzl


⑧ Esteban Vicente: Early Works
AMERINGER YOHE FINE ART, 2004
Hardbound exhibition catalogue with a long interview by art historian Barbara Rose. 12 pages of color plates.
2,700円

⑨ Esteban Vicente: dibujos (1920-2000)
Catálogo de la exposición celebrada en el Museo Esteban Vicente, Segovia (marzo - septiembre 2010).
MUSEO ESTEBAN VICENTE, Tapa blanda: 136 páginas
Editor: MUSEO ESTEBAN VICENTE
Descubrimos que Esteban no deja nunca de dibujar como medio de escrutar la realidad, de indagar.
6,330円
Esteban_vicente_dibujos_19202000


=ホセ・ゲレロ=
⑩ JOSE GUERRERO: LA COLECCION DEL CENTRO
DIP. PROV. DE GRANADA, 2000, 326 págs., Tapa blanda
9,600円
Jose_guerrero_la_coleccion_del_cent


⑪ JOSE GUERRERO: EL ARTISTA QUE VUELVE
ANTONIO MUÑOZ MOLINA
DIP. PROV. DE GRANADA, 2001, 96 págs., Tapa blanda
2,950円
Joseguerreroelartistaquevuelve

⑫ FOSFORESCENCIAS Y OTROS OBJETOS COTIDIANOS EN LA PINTURA DE JOSE GUERRERO, 1968-1972 (EN PAPEL)
DIP. PROV. DE GRANADA, 2004, 111 págs., Tapa blanda
4,070円
Jose_guerrero_fosforescencias

米デトロイト美術館がディエゴ・リベラの作品を売却か? Detroit Institute of Arts Museum de-accessions Diego Rivera?

 財政悪化した地方自治体が公共施設の維持管理ができなくなっている報道を最近耳にします。財政悪化にならずとも、バブル時代に作られた社会インフラが、今後の人口減少による税収減で、施設の運営がままならぬ事態になりつつあります。米国で、日本とは違う事情で文化施設の運営が危機に直面しているニュースが報じられました。

 米国のデトロイト市は、自動車産業として知られています。衰退の道を進んでいた米国自動車産業は、リーマン・ショック後、めざましい回復を見せているなか、デトロイト市の税収は思ったほど伸びず、同市は破たんしました。その影響がデトロイト美術館に及びつつあるとAPF通信は伝えています。以下、この記事を転載します。

===

2013年10月28日 15:45 発信地:デトロイト/米国
米デトロイト美術館、市の財政破綻で存続の危機

【10月28日 AFP】かつて米自動車産業の中心地として栄えたミシガン(Michigan)州デトロイト(Detroit)市。だが、もはやその威光は、メキシコの画家ディエゴ・リベラ(Diego Rivera)が米自動車大手フォード・モーター(Ford Motor)の工場の風景を描いたデトロイト美術館(Detroit Institute of Arts)所蔵のフレスコ画「デトロイトの産業(Detroit Industry)」に見られる程度だ。

 デトロイト市は7月18日、同州連邦破産裁判所に連邦破産法9条の適用を申請。米国史上で財政破綻した最大の自治体となった。破産法の適用については連邦破産裁判所での審理が続いている。破産手続きで債務返済のため一部でも美術館の所蔵品売却が決まった場合、リベラの壁画が公の場から姿を消すこともあり得る。

「所蔵品を売却すれば、美術館は閉鎖になるかもしれない」と、同美術館の最高執行責任者(COO)、アンマリー・エリクソン(Annmarie Erickson)氏は危惧する。

 1885年に開館したデトロイト美術館は、新聞界や自動車業界の有力者たちからの資金援助を通じて、世界有数の美術品を集めてきた。米国で最初にビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)とアンリ・マチス(Henri Matisse)の作品を購入した美術館でもあり、年間約60万人が訪れる。リベラの「デトロイトの産業」はフォードの自動車生産工場がもたらす正と負の側面を見事に描きだした作品だ。

 デトロイトの財政再建を指揮する緊急財務管理者は、美術品を長期間貸し出したり新たな融資の担保にしたりして資金調達したいと表明している。財政破綻で年金を失う恐れがある退職者などの債権者たちが美術品は売却可能な資産と主張することは必至だ。抗議団体は、政治家はピカソよりもまず市民を守るべきだと訴えている。

 一方、最近の調査によると、デトロイト市民の78%が美術品の売却に反対している。しかし、この割合も競売大手クリスティーズ(Christie's)による美術品の査定が完了すれば変わる可能性もある。市の負債総額180億ドル(約1兆7500億ドル)に対し、売却対象の美術品は推定100億~200億ドル(約9700億~1兆9500億円)相当とされている。(c)AFP/Mira Oberman

Detroit_institute_of_arts_2
米ミシガン(Michigan)州デトロイト(Detroit)市にあるデトロイト美術館(Detroit Institute of Arts)の正面入り口(2013年5月31日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Bill Pugliano

2013/10/24

ホセ・マリア・シシリア 福島・冬の花 José María Sicilia, Fukushima Flores de invierno

Jose_maria_sicilia_accidente_fuku_6
《アクシデントという名の国》2012年

Jose_maria_sicilia_instant_fukushim
《瞬間(鳥のさえずり)》2012年

ホセ・マリア・シシリア 福島・冬の花
José María Sicilia, Fukushima Flores de invierno


会期 2013年10月4日(金)~12月1日(日)
    9:30-17:00
    休館日:月曜日(10月14日と11月14日は開館)、10月15日(火)、11月5日(火)
      
会場 福島県立美術館
    福島県福島市森合西養山1番地
    ℡ 024-531-5511

主催 福島県立美術館
    スペイン政府 - Acción Cultural Española(AC/E, スペイン文化活動公社)
    スペイン大使館
 

観覧料 一般800円他

 スペインの現代アートシーンでひときわ異彩を放つアーティスト、ホセ・マリア・シシリア(1954 年マドリード生まれ)。数年前から彼の芸術的探求は、自分の関心の対象物が発する「言葉」の解読に向けられています。福島についての芸術プロジェクトは、瞬間、アクシデント、はかなさ、記憶、忘却について展開されます。
 本展は、2011 年3 月に東北地方沿岸を襲い、原発事故を引き起こした津波の様々な音を元に作り出された作品で構成されます。シシリアは、津波発生時に大洋で記録された音声データ、避難放送のメッセージ、鳥の音声などを解析し、和紙にインクで描かれた大判絵画、赤いグラスファイバー製の吊り下げ式波型オブジェ、トタン素材を使用したインスタレーション、福島第一原発の原子炉1号機の温度・圧力・放射線量データを視覚化した純金製、または樹脂製の小さな作品など、様々な表現形態、技法、外観の作品を生み出しました。さらに本展覧会には、東北地方の被災地の学校でシシリアが児童を対象に開催したワークショップの作品もあわせて展示されます。
 本展は「日本スペイン交流400 周年」の一環として、Acción Cultural Española (AC/E, スペイン文化活動公社)の協力のもと開催されます。
Ano_dual_espana_japon_400_anos_de_2

≪関連イベント≫
講演会「美術においてスペイン的なものとは? —エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤを中心に」
 日時:11月10日(日) 14時~
 講師:雪山行二氏(富山県立近代美術館長)
 会場:美術館講堂(聴講無料)

 ホセ・マリア・シシリアは、秀でたスペイン人アーティストの一人として1980年代から注目され始めました。素材の持つ可能性に常に特別な関心を持っていたシシリアの絵画は、急進的な表現主義から出発したのち、様式を純化する過程を経て、色彩やテクスチャー、とりわけ光に没頭させた分析的抽象概念の独特な解釈を行い、光は90年代の晦渋な絵画作品における基本的な軸のひとつとなりました。1989年に優れたアーティストに授与されるスペイン造形美術賞Premio Nacional de Artes Plásticasを受賞しました。

 

≪関連作品集≫ *海外発注になります。

① Jose Maria Sicilia: Recent Paintings 2 December-2 January, 1988.
Published by BlumHelman, New York, 1988
Softcover exhibition catalog, 22 pages, very good condition, no internal marks, clean and crisp, with color reproductions.
3,160円

② José María Sicilia. Katalog der Ausstellung vom 9 novembre bis 13 gannaio 1996 bei Claudia Gian Ferrari Arte Contemporanea.
Published by Milano: Claudia Gian Ferrari Arte Contemporanea 1996.
K23110-3545 Unpag. = 12 Bl. m. farb. Abb., Bildnis u. Interview. Okart. 4°. gutes Ex. 530.
3,950円
Jos_mara_sicilia_katalog_der_ausste

③ Jose Maria Sicilia: New Work
Sicilia, Jose Maria and Joao Pinharanda
Published by Lisbon: Comicos, 1985
Softcover staple bound exhibition catalog, 16 pages, in English and Portugese, very good condition except crease to lower right corner; no internal marks, clean and crisp, with color and b/w reproductions.
4,330円

④ José María Sicilia
Published by Edicions T., Barcelona, 1991
8vo. Original card covers. Prospectus for the suite of silkscreens, 10 colour plates.
4,550円
Jose_maria_sicilia_ediciones_t

⑤ ECLIPSES JOSE MARIA SICILIA
Published by GALERIA SOLEDAD LORENZO, MADRID, 2006
Used / Encuadernación de tapa blanda. ESTADO PERFECTO, TEXTOS EN CASTELLANO E INGLES, 27,5X22 CM.
4,160円
Jose_maria_sicilia_eclipses

⑥ LA LUZ QUE SE APAGA. JOSE MARIA SICILIA
Published by GALERIA SOLEDAD LORENZO, MADRID, 1996
Used / Encuadernación de tapa bland. ESTADO PERFECTO, 27,5X22 CM.
4,160円
Jose_maria_sicilia_la_luz_que_se_ap

⑦ Jose Maria Sicilia.
Published by Sevilla. Galeria La Maquina Espangnola. 1986
Used / Soft cover. Kartoniert mit 20 Seiten. 6 Farbtafeln. Format 21 x 26 cm. Heller Einband leicht unfrisch, sonst gut erhalten. Katalog zur Ausstellung. Ausstellungsverzeichnis in spanischer Sprache.
4,290円

⑧ Jose Maria Sicilia: Paintings on Paper
Published by Runkel-Hue-Williams Ltd., 1989
Used / Paperback. 44 pp., paperback, very good.
4,520円

⑨ Sicilia, Jose Maria: OBRAS 1990. 24 de enero al 28 de febrero de 1991
Published by Galería Soledad Lorenzo, Madrid, 1991
Used / Rústica. Catálogo ilustrado en b/n y color. 43 pgs., Texto en inglés y español.
4,690円

⑩ Sicilia, Jose Maria. Shadow Play
Published by BlumHelman Gallery, New York, 1990
Used / Soft Cover. Cover has 5 tiny brown spots, slide inside front cover, hinge is showing a bit inside front cover, otherwise clean, unmarked, tight. 9.8" x 9.8" x 0.2"
5,080円

⑪ Jose Maria Sicilia
Published by Barcelona: Galeria Joan Prats, 1990
Used, Softcover exhibition catalog, 48 pages, in Spanish and English, very good condition, no internal marks, clean and crisp, with color reproductions.
6,510円

⑫ Jose Maria Sicilia. Pinturas 1983-84.
Published by Madrid. Fernando Vijande. 1983., 1983
Used / Soft cover, Kartoniert mit 67 Seiten. Zahlreiche S/W- und Farbabbildungen. Format 21,5 x 29,5 cm. Einband an Ecken und Kanten beschabt. Insgesamt noch gut erhalten. Katalog zur Ausstellung. Sprache: spanisch, englisch.
6,500円

⑬ Peintures de 1987/Pinturas de 1987. Sicilia, José María.
Published by Bordeaux/Madrid, Musée d'art contemporain/Palacio de Velázquez, 1987
Used / Hardcover, 54 S. m. Abb. und Falttafeln. OKart. m. OU. 4°. Mit einem Text von Francisco Calvo Serraller und bio- bibliographischen Angaben.
6,550円
Jose_mari_sicilia_peintures_de_1987

⑭ Una tumba en el aire. (Exposición de José María Sicilia).
Published by Galería Soledad Lorenzo, Madrid, 2002
Used, Texto de José Mª Sicilia. 28 cm. 36 pg. Rústica. Reproducción de obras a color.
6,960円

2013/10/16

Frida Kahlo/Diego Rivera L'art en fusion フリーダ・カーロ/ディエゴ・リベラ展

Frida_kahlo_diego_rivera_lart_en__3
Frida Kahlo (1907-1954)
Autorretrato con Traje de Terciopelo
1926 Collection privée © Photo Francisco Kochen © ADAGP, Paris 2013

Frida Kahlo/Diego Rivera L'art en fusion
会期 2013年10月9日-2014年1月13日
会場 オランジェリー美術館(Musée de l'Orangerie)
         Jardin des Tuileries (Seine river side), 75001 Paris, France
観覧料 一般10€他

 パリのオランジェリー美術館が、メキシコのドローレス・オルメド美術館の協力を得て、パートナー同士として長年にわたり暮らしたフリーダ・カーロとディエゴ・リベラの作品を集めた展覧会を開催しています。フランスでは二人の作品展は初となります。

 歴史的テーマをとらえた巨大壁画制作で知られているディエゴ・リベラ(1886-1957年)の作品は、数多くの自画像を小さなタブローで描いたフリーダ・カーロ(1907-1954年)の作品とは対照的です。しかしながら、労働者たちや農夫たちを描いた作品やプレコロンビア美術の影響を受けていることから、二人の絵画には親密なメキシコが反映されています。

 本展のコミッショナーの一人であるLela Jarbouaiは、「リベラは、自国のメキシコでは、カーロより知られています。一方で、メキシコから離れるとカーロの方が有名です」と述べています。「カーロには、歴史的イデオロギー的な文脈と結びつきがないため、普遍的な美術があります。私的な伝承と結びつき、カーロの作品は、永遠無窮です」。カーロは、医療の道に進みたかったのですが、1925年のバス事故によって重傷を負い、その道を絶たれました。両親から贈られた画材と鏡を使って自画像を描くことで、美術に興味を示し始めました。

 このように、メキシコの女性美術家フリーダ・カーロは、バス事故で変わり果てた自らの姿から、”痛みと苦悩”に満ちた作品を制作することになりました。Lela Jarbouaiは、「フリーダの作品には様々な影響として、イタリアのルネッサンスからメキシコの民衆芸術までの画風が認められる」と指摘しています。カーロは、独特のスタイルを築きました。自画像でありながら、自らの顔を仮面で覆った≪仮面≫は、手と髪は見えていますが、カーロの感情を仮面で隠しています。
Frida_kahlo_la_mascara
The Mask/La Máscara
Oil on masonite, 40x30.5cm
Collection of Dolores Olmedo Patiño, Mexico City, Mexico

 ディエゴ・リベラは、フリーダ・カーロと同様に、共産党の活動に参加していましたが、リベラの作品はカーロの作品と違い、より政治的信条と繋がり、産業社会を映し出すフレスコ画を描きました。

 本展では、ディエゴ・リベラがキュービズムを歩み始めた時代から、20世紀メキシコ派の創始者としてのリベラまでを追います。ディエゴの壁画作品の他、パリ在住の画家たちの影響を受け、青年期をヨーロッパで過ごした時期のイーゼル絵画を展示します。

 リベラとカーロを撮影した写真(ポンピドゥー・センター提供)15点も展示され、二人の美術家の生活ぶりを感じ取ることができます。リベラとカーロは1939年に離婚しますが、お互いに愛人を持ちながらも、後に再婚を果たしました。あまり知られていないカーロの素描とリベラのフレスコ画制作の過程を知る素描も展示されています。展示作品数は約80点。

同展のコミッショナー:
Marie-Paule Vial オランジェリー美術館ディレクター
Beatrice Avanzi  オルセー美術館キュレター
Leïla Jarbouai オルセー美術館キュレター
Josefina García ドローレス・オルメド美術館コレクションディレクター

関連イベント(pdf):
「frida_kahlo_diego_rivera_art_in_fusion_events.pdf」をダウンロード

El_musee_de_l_orangerie_presenta_un
Diego Rivera Autorretrato con Chambergo, 1907 Óleo sobre lienzo, 85 x 62,2 cm
Colección del Museo Dolores Olmedo, Xochimilco, México
FOTOGRAFÍA: ERIK MEZA / JAVIER OTAOLA ; IMAGE © ARCHIVO MUSEO DOLORES OLMEDO ©2013 BANCO DE MÉXICO DIEGO RIVERA FRIDA KAHLO MUSEUMS TRUST, MEXICO, D.F. / ADAGP, PARIS

El_musee_de_l_orangerie_presenta__3
Frida Kahlo Retrato de Alicia Galant, 1927 Óleo sobre lienzo, 108 x 93,5 cm
Colección del Museo Dolores Olmedo, Xochimilco, México
FOTOGRAFÍA: ERIK MEZA / JAVIER OTAOLA ; IMAGE © ARCHIVO MUSEO DOLORES OLMEDO ©2013 BANCO DE MÉXICO DIEGO RIVERA FRIDA KAHLO MUSEUMS TRUST, MEXICO, D.F. / ADAGP, PARIS

Frida_kahlo_diego_rivera_lart_en__4
Frida Kahlo/Diego Rivera L'art en fusion
展覧会カタログ 2013年10月15日刊行
184頁、図版120点、24x31cm
Marie-Paule Vial , Branko Aleksić, Béatrice Avanzi, Juan Rafael Coronel Rivera, Gérard De Cortanze, Christine Frérot, Leila Jarbouai, Michael Lowy, Carlos Phillips Olmedo
7,760円(入荷予定あり1部)

Album_fk
Frida Kahlo et Diego Rivera - Album de l'exposition
展覧会アルバム 2013年10月15日刊行
Marie-Paule Vial
32頁、16 x 19 cm
バイリンガル:仏語・英語
2,760円(入荷予定あり1部)
Album officiel de l’exposition "Frida Kahlo et Diego Rivera, L'art en fusion" au musée de l’Orangerie du 9 octobre au 13 janvier 2014. L'originalité de l'exposition consacrée au couple mythique incarné par Diego Rivera et Frida Kahlo consiste à présenter leurs œuvres ensemble, comme pour confirmer leur divorce impossible, effectif dans les faits mais aussitôt remis en question après une seule année de séparation. Elle permettra aussi de mieux entrevoir leurs univers artistiques, si différents, mais également si complémentaires, par cet attachement commun et viscéral à leur terre mexicaine : cycle de la vie et de la mort, révolution et religion, réalisme et mysticisme, ouvriers et paysans.

2013/10/13

Art Against Dictatorship

洋才書魂 No.134 2013年10月 Art Against Dictatorship

2013/10/11

"la ventanilla・小窓" ヤマダトミオ展 "lal ventanilla" Tomio Yamada

Yamada_tomio_gallery_q_2013

それでなくても騒がしいのが我々の世代です。
「それ」とは声が大きいことで、60も半ばになれば耳も遠くなります。
「騒がしい」のはちょっと飲む?と声をかけると1ダースは集まってしまうほど数が多い。
「我々の世代」とは誰が名づけたのか知らないが、嫌~な言葉の団塊の世代です。
二人でヒソヒソとやりながら飲むのがパブになのに、我々が行くと居酒屋になってしまいます。
戦中に産めよ増やせよ、と教育された親たちから我々は終戦になったのに生まれてきました。
あまりにも生徒数の多いクラスだったので、誰もが大きな声で返事をしました。
遊ぶ仲間には全く不自由しませんでした。数が多い分色んな奴が居たので、
必ず自分と馬の合う奴が居ました。そんな我々はもう若ジジイです。
背中を丸めた団塊の世代を描いたのが作品「おやじ」です。
(2013年秋 マドリッドにて ヤマダトミオ)

"la ventanilla・小窓" ヤマダトミオ展
会期 2013年11月4日(月)-9日(土)
    11:00-19:00(最終日17:00)
会場 Gallery Q
    東京都中央区銀座1-14-12 橋本第17ビル3階
    Tel. 03-3535-2524
    *地下鉄銀座線銀座駅A13出口より徒歩5分

Yamada_tomio_gallery_q_2013_7

ヤマダトミオ

1948 神奈川県生れ
1970 スペインへ留学
1974 スペイン国立マドリード美術工芸学校卒業
現在、スペイン在住

≪個展≫
1982 紀伊国屋画廊、東京
1985 紀伊国屋画廊、東京
1987 紀伊国屋画廊、東京
       椿近代画廊、東京
      グランドギャラリー、大阪
      セニス画廊、マドリード
1988 紀伊国屋画廊、東京
       椿近代画廊、東京
1989 ミジャーレス画廊廊、マドリード
1990 紀伊国屋画廊、東京
       椿近代画廊、東京
1991 ギャラリーセンターポイント、東京
        櫟画廊、東京
        文芸春秋画廊、東京
1992 <ゴドイの館>ビジャビシオッサ・デ・オドン市 マドリード
1993 紀伊国屋画廊、東京
1995 紀伊国屋画廊、東京
1997 紀伊国屋画廊、東京
1999 紀伊国屋画廊、東京
2000 マキイマサル ファインアーツ、東京
2001 紀伊国屋画廊、東京
2003 紀伊国屋画廊、東京
2005 紀伊国屋画廊、東京
2007 紀伊国屋画廊、東京
2009 紀伊国屋画廊、東京
2011 紀伊国屋画廊、東京
2013 ギャラリーQ、東京

≪グループ展≫
1976 アビラ画廊、ダンマ画廊 マドリード
1979 第7回タラベラ・デ・ラ・レイナ市絵画展(入選)
1980 第7回タラベラ・デ・ラ・レイナ市絵画展 レオン(入選)
       第1回アルコベンダ市美術展 マドリード(入選)
       第6回ビエンナーレ<タホ> トレド(入選)
1981 第2回アルコベンダ市美術展 マドリード(入選)
       第1回マドリード商工会議所絵画展 マドリード(入選)
       第3回コルドバ美術展 コルトバ(入選)
1983 セビーリャ絵画展 セビーリャ(入選)
       第3回アルコベンダ市美術展 マドリード(入選)
       第7回マルベーリャ国際ビエンナーレ マラガ(入選)
1984 バリャドリー絵画展 バリャドリー(入選)
       サン・エロイ芸術学校200周年展 サマランカ(入選)
       ラ・コルーニャ市主催<日本文化展> ラ・コルーニャ
       F.A.E.画廊展 マドリード
1985 第1回国際ビエンナーレ<フンダシオン・アラグァネイ>
      サンティアゴ・デ・コンポステラ(入選)
1988 第1回在西日本人絵画展 
             在スペイン日本大使館主催 マドリード
1989 バルセローナ国際アートフォーラム<BIAF-89>
           バルセローナ
       第2回在西日本人絵画展 在スペイン日本大使館主催 
           マドリード
       アンドロッシャ画廊展 ビゴ
2000 第26回 人人展 東京都美術館、東京
       第12回 アジア・アフリカ・ラテンアメリカ交流美術展
      東京都美術館、東京
2001 第1回 スペイン現代美術展 紀伊国屋画廊、東京

≪媒体≫
1977 フジテレビ系ドキュメンタリー番組「海外に生きる日本人」で紹介される
美術雑誌「月刊ギャラリー」に「ヤマダトミオのスペイン・アート通信」を連載する

2013/10/07

Art Against Dictatorship. Making and Exporting Arpilleras Under Pinochet 独裁者に反抗するアート ピノチェット政権下のアルピジェラ

Art_against_dictatorship_u_of_texas

Art Against Dictatorship
Making and Exporting Arpilleras Under Pinochet

Jacqueline Adams
University of Texas Press, September 2013
Louann Atkins Temple Women and Culture Series:Number Twenty-Nine
Hardcover, 6 x 9, 311 pp., 24 b&w photos
6,260円(海外発注)

 チリのフォーク・アートであるアルピジェラ(キルト)の先駆的な研究書。抑圧と貧困に立ち向かう人々との連帯と経済的支援(連帯アート)のため、アルピジェラが制作され、作品が国外販売された。いかにして、アルピジェラが対立する独裁権力に対抗し、抑圧された人々に力を与えるアートになったのかを明らかにしている。

Art can be a powerful avenue of resistance to oppressive governments. During the dictatorship of Augusto Pinochet in Chile, some of the country’s least powerful citizens—impoverished women living in Santiago’s shantytowns—spotlighted the government’s failings and use of violence by creating and selling arpilleras, appliquéd pictures in cloth that portrayed the unemployment, poverty, and repression that they endured, their work to make ends meet, and their varied forms of protest. Smuggled out of Chile by human rights organizations, the arpilleras raised international awareness of the Pinochet regime’s abuses while providing income for the arpillera makers and creating a network of solidarity between the people of Chile and sympathizers throughout the world.
Using the Chilean arpilleras as a case study, this book explores how dissident art can be produced under dictatorship, when freedom of expression is absent and repression rife, and the consequences of its production for the resistance and for the artists. Taking a sociological approach based on interviews, participant observation, archival research, and analysis of a visual database, Jacqueline Adams examines the emergence of the arpilleras and then traces their journey from the workshops and homes in which they were made, to the human rights organizations that exported them, and on to sellers and buyers abroad, as well as in Chile. She then presents the perspectives of the arpillera makers and human rights organization staff, who discuss how the arpilleras strengthened the resistance and empowered the women who made them.

Jacqueline Adams, Ph.D., is an award-winning sociologist who has authored numerous articles and a book on shantytown women's experiences of poverty and state violence under dictatorship, as well as their resistance, economic survival strategies, and dissident art.

関連書籍
I_ask_for_justice_u_of_texas_pr

I Ask for Justice
Maya Women, Dictators, and Crime in Guatemala, 1898–1944

David Carey Jr.
University of Texas Press, October 2013
Hardcover, 6 x 9. 363 pp., 31 b&w photos, 2 maps, 14 tables
5,780円(海外発注)

 強圧的独裁者体制下におけるグアテマラの法制度の研究書。マヤ女性たちが怒りを表明するため、人権を守るために法廷を活用する。

David Carey Jr. is Professor of History and Women and Gender Studies at the University of Southern Maine and author of Engendering Mayan History: Kaqchikel Women as Agents and Conduits of the Past, 1875–1970; Ojer taq tzijob’äl kichin ri Kaqchikela’ Winaqi’ (A History of the Kaqchikel People); and Our Elders Teach Us: Maya-Kaqchikel Historical Perspectives.

2013/10/05

森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に蘇る Yasumasa Morimura: Homage to Velázquez, Las Meninas Renacen de Noche

Morimura_yasumasa_las_meninas_2 日本及びスペインで今年から来年にかけて開催される「日本スペイン交流400周年事業」プロジェクトのひとつとして、資生堂ギャラリーが、「LAS MENINAS RENACEN DE NOCHE 森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」を開催しています。

 森村泰昌は、1985年にゴッホの自画像に自ら扮した作品を発表し、以降、今日に至るまで一貫して「自画像的作品」をテーマに作品をつくり続けています。1988年にはベネチア・ビエンナーレ/アペルト88に選出され、国内外に活躍の場を広げました。1996年には「美に至る病/女優になった私」(横浜美術館)、1998年「空想美術館/絵画になった私」(東京都現代美術館)、2001年「私の中のフリーダ」(原美術館)、2010年「なにものかへのレクイエム/戦場の頂上の芸術」(東京都写真美術館他)など話題となる個展を次々に開催。2007年度には芸術選奨文部科学大臣賞、2011年秋には紫綬褒章を受章しました。また、来年開催される横浜トリエンナーレ2014では、アーティスティック・ディレクターを務めます。

 資生堂は、1994年にザ・ギンザアートスペースで個展「サイコボーグ マドンナ・マイケル・モリムラの関係」を開催して以来、約20年ぶりの展覧会の開催となります。その間、1997-2002年には『花椿』誌で「森村泰昌のラヴレター」を連載。現在もリニューアルした『花椿』誌で「美の毒な人々」を連載中。

 本展では、17世紀スペイン絵画の巨匠、ディエゴ・ベラスケスの名画「ラス・メニーナス」をテーマにした写真作品を17点展示しています。「ラス・メニーナス」は、通常絵画の外にいる画家が絵の中に登場し、画家・モデル・鑑賞者の立場と視線が行き交う、複雑な構図により成り立っています。この絵はどんな目的で描かれたのか、絵の中のキャンバスに描かれている対象は誰だったのかなど、多くの謎を持つ作品で、これまでにさまざまな解釈がなされてきました。

 森村は1990年に「美術史の娘」のシリーズで、ベラスケスが描いたマルガリータ王女をもとにした作品を制作しました。いつかは「ラス・メニーナス」についての作品を制作したいと、そのときから考えていた森村は、「ラス・メニーナス」を再現するだけではなく、この絵画をもとに森村が新たな物語をつくり、“全8幕の一人芝居”として表現します。作品の背景となる美術館の部屋は、今年2月にマドリッドのプラド美術館で撮影してきました。登場人物の撮影は、6月末から7月初めに森村が客員教授を務める京都市立芸術大学で、特別授業として学生たちに公開制作するというかたちで行われました。

 これまで森村は絵画や写真のフレームの中を意識して作品をつくってきましたが、登場人物がフレームの外の美術館に現れるというダイナミックな展開が繰り広げられています。また、扮装していない森村自身が初めて作品に登場しています。西洋絵画を代表する作品に独自の解釈と想像力が加わった、謎めいていてスリリングな森村泰昌の美の世界が楽しめます。

Morimura_yasumasa_las_meminas_munec

 作品制作のためのヘアメークは、資生堂ビューティートップスペシャリストの計良宏文が担当し、さらに本展のために制作された衣装とウィッグの一部を、SHISEIDO THE GINZA 1Fで展示しています。

森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に蘇る Las Meninas Renacen de Noche
会期: 2013年9月28日(土)~12月25日(水)
     平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
     毎週月曜休(月曜日が休日にあたる場合も休館)
会場: 資生堂ギャラリー
     東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
     Tel:03-3572-3901 
入場無料

主催: 株式会社 資生堂
後援: スペイン大使館/セルバンテス文化センター東京
     Ano_dual_espana_japon_400_anos_de_3
 
   
協力: 一色事務所/エールフランス航空/京都市立芸術大学/株式会社写真弘社/
大日本印刷株式会社/株式会社DNPメディア・アート/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社/モトコランド・マサキコレクション(ドッグブリーダー)

*本展とほぼ同時期にアメリカ、ピッツバーグのザ・ウォーホール(10月6日―2014年1月14日)、東京の原美術館(10月12日―12月23日)で、森村泰昌の個展が開催される。

<森村泰昌(もりむらやすまさ) 略歴>
1951年大阪市生まれ。大阪市在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、同専攻科修了。
主な個展
2013 「Theater of the Self」ザ・ウォーホール(ピッツバーグ)
「森村泰昌―レンブラントの部屋 再び」原美術館(東京)
2012 「森村泰昌 モリエンナーレ/まねぶ美術史」北九州市立美術館分館(北九州)/静岡市美術館(静岡)
「美術史への誘い」三菱地所アルティアム(福岡)
2011 「肖像経済、その他」BLDギャラリー(東京)
「A Requiem: Art Top of the Battlefield」ガレリア・ホアナ・デ・アイスプル(マドリッド)
2010-11 「なにものかへのレクイエム‐戦場の頂上の芸術」東京都写真美術館(東京)/豊田市美術館(愛知)/広島市現代美術館(広島)/兵庫県立美術館(兵庫)
「森村泰昌 モリエンナーレ/まねぶ美術史」高松市美術館(香川)/ふくやま美術館(広島)
「その他のチカラ。‐森村泰昌の小宇宙‐」兵庫県立美術館(兵庫)
2010 「なにものかへのレクイエム:外伝」シュウゴアーツ(東京)
2009 「森村泰昌 美に至る病―女優になった私」島根県立石見美術館(島根)
2008 「REQUIEM POR EL SIGLO XX」ガレリア・ホアナ・デ・アイスプル(マドリッド)
「森村泰昌:20世紀へのレクイエム/荒ぶる神々の黄昏」ギャラリー・タデウス・ロパック(パリ)
2007 「荒ぶる神々の黄昏/なにものかへのレクイエム・其の弐」シュウゴアーツ(東京)
「森村泰昌:美の教室、静聴せよ」熊本市現代美術館(熊本)/横浜美術館(神奈川)
「森村泰昌:20世紀へのレクイエム/荒ぶる神々の黄昏」Fondazione Bevilacqua La Masa Galleria di Piazza San Marco(ベニス)/ルーリング・オーガスティン・ギャラリー(NY)
2006 「烈火の季節/なにものかへのレクイエム・その壱」シュウゴアーツ(東京)
「One artist's theatre」ゲイリー・タティンツァン・ギャラリー(モスクワ)
2005 「諷刺家伝-ゴヤに捧ぐ」シュウゴアーツ(東京)/ギャラリー・タデウス・ロパック(パリ)/ルーリング・オーガスティン・ギャラリー(NY)、ガレリア・ホアナ・デ・アイスプル(マドリッド)
2003 「森村泰昌写真展 卓上のバルゴネグロ」MEM(大阪)
2002 「森村泰昌写真展 女優家Mの物語〔M式ジオラマ(25m)付き〕」川崎市民ミュージアム(神奈川)
2001 「私の中のフリーダ/森村泰昌のセルフポートレイト」原美術館(東京)/ギャラリー・タデウス・ロパック(パリ)/ルーリング・オーガスティン・ギャラリー(NY)
「森村泰昌写真展-女優家Mの物語」えきKYOTO(京都)
2000 「Art History – Yasumasa Morimura」テレフォニカ財団エキジビットスペース(マドリッド)
「名前を持たぬ時間、名前を持たぬ私」チュラロンコン大学(バンコク)
1998 「森村泰昌〔空装美術館〕絵画になった私」東京都現代美術館(東京)/京都国立近代美術館(京都)/丸亀市猪熊弦一郎美術館(香川)
1996 「森村泰昌 美に至る病-女優になった私」横浜美術館(神奈川)/ルーリング・オーガスティン・ギャラリー(NY)
1994 「森村泰昌 レンブラントの部屋」原美術館(東京)
「サイコボーグ マドンナ・マイケル・モリムラの関係」ザ・ギンザアートスペース(東京)
1993 「美に至る病 其の一~五」西田画廊(奈良)
「9つの顔」カルティエ現代美術財団(パリ)
1992 「オプションズ44」シカゴ現代美術館(シカゴ)/カーネギー美術館(ピッツバーグ)
1990 「美術史の娘」佐賀町エキジビット・スペース(東京)
1989 「批評とその愛人」モーリギャラリー(大阪)
1988 「マタに、テ」ギャラリーNWハウス(東京)/オンギャラリー(大阪)
1986 「すみれ色のモナムール、その他」ギャラリー白(大阪)
1984 平松画廊(大阪)
1983 ギャラリー・マロニエ(京都)
主なグループ展
2009 「愛についての100の物語」金沢21世紀美術館(石川)
2008 「釜山ビエンナーレ2008」Busan Museum of Modern Art, Gwangalli Beach, APEC Naru Parkなど
「アトミックサンシャインの中へ『日本国平和憲法第九条下における戦後美術』」代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
「液晶絵画 Still/Motion」三重県立美術館(三重)/国立国際美術館(大阪)/東京都写真美術館(東京)
2004 「マルセル・デュシャンと20世紀美術」国立国際美術館(大阪)/横浜美術館(神奈川)
「コピーの時代 デュシャンからウォーホール、モリムラへ」滋賀県立近代美術館(滋賀)
2002 「エモーショナル・サイト」佐賀町食糧ビルディング(東京)
「未来予想図 私の人生☆劇場」兵庫県立美術館 芸術の館(兵庫)
2001 「森村泰昌と合田佐和子」高知県立美術館(高知)
1998 「森村泰昌プロデュース テクノテラピー」中之島中央公会堂(大阪)
1996 「Hugo Boss Prize 1996」グッゲンハイム美術館ソーホー分館(NY)
「第10回シドニー・ビエンナーレ」(シドニー)
1994 「Cocide y Crudo」レイナ・ソフィア国立美術センター(マドリッド)
「人間の条件スパイラル(東京)/芦屋市立美術博物館(兵庫)
1992 「森村泰昌・福田美蘭によるスペイン静物画へのオマージュ」、名古屋市美術館(愛知)
「Post Human」FAE現代美術館(ローザンヌ)/カステロ・ディ・リヴォリ(トリノ)、デステ現代美術財団(アテネ)/ダイヒトア・ホール(ハンブルグ)
1991 「キャビネット・オブ・サイン-ポスト・モダン以降の日本現代美術」テート・ギャラリー(リバプール)/ホワイト・チャペル・アート・ギャラリー(ロンドン)/マルメ美術館(マルメ)
「芸術の日常-反芸術/汎芸術」国立国際美術館(大阪)
1990 「Culture and Commentary:An Eighties Perspectives」ハーシュホーン美術館内彫刻庭園(ワシントン)
1989 「Against Nature; Japanese Art in the Eighties」サンフランシスコ近代美術館(サンフランシスコ)/アクロン美術館(アクロン)/マサチューセッツ技術研究所(マサチューセッツ)/リスト視覚芸術センター(ケンブリッジ)/シアトル美術館(シアトル)/シンシナティ現代美術センター(シンシナティ)/グレイ美術ギャラリー&研究センター(NY)/ヒューストン現代美術館(ヒューストン)、ICA名古屋(名古屋)
1988 「East meets West: Japanese and Italian Art Today, ART/LA 88」、ロサンゼルスコンベンションセンター(ロサンゼルス)
「43th La Biennale di Venezia Aperto '88」(ベニス)
「アートナウ '88」兵庫県立近代美術館(兵庫)
1987 「現代美術になった写真」栃木県立美術館(栃木)
「イエス・アート/デラックス」佐賀町エキジビットスペース(東京)、ギャラリー白(大阪)
1986 「アール・ディフェラン:絵画の異化光景」ギャラリー白(大阪)
1985 「ラデカルな意志のスマイル」ギャラリー16(京都)
1984 「オレ達は寡黙じゃない、わかりますか」ギャラリービュウ(大阪)
主な近著
「森村泰昌/全女優」(2010年/二玄社)、「まねぶ美術史」(2010年/赤々舎)、「露地庵先生のアンポン譚」(2010年/新潮社)、「対談 なにものかへのレクイエム/20世紀を思考する」(2011年/岩波書店)など
近年の受賞
2006年 京都府文化功労賞、2007年度 芸術選奨文部科学大臣賞、2011年 第52回毎日芸術賞、日本写真協会賞、第24回京都美術文化賞を受賞、2011年秋 紫綬褒章を受章。

<関連イベント>
① 森村泰昌によるギャラリートーク
日時: 2013年11月16日(土)14:00~16:00
② 対談:森村泰昌×荒木経惟
日時: 2013年12月7日(土)14:00~16:00
各回
会場: 資生堂花椿ホール(資生堂並木通り本社3階)
定員: 200名
参加費: 無料
それぞれの参加申し込みは資生堂ギャラリーのウェブサイトから。
問い合わせ: 資生堂ギャラリー Tel. 03-3572-3901

2013/10/02

Francis Bacon 《Taken from a photograph of Trotsky's study in Mexico》 フランシス・ベーコン-メキシコにあるレオン・トロツキーの書斎写真から

Francis_bacon_taken_from_a_photog_6

Francis Bacon/フランシス・ベーコン
(アイルランド 1909-1992年)

Taken from a photograph of Trotsky's study in Mexico, 1940/メキシコにあるレオン・トロツキーの書斎写真より、1940年

エッチング 1987年
89 x 62 cm  刷り部数99部
2,111,000円
お問い合わせください。

フランシス・ベーコン(1909-1992年)

 アイルランドのダブリンで生まれ、ロンドンを拠点として活躍した画家。
1927年ドイツ・ベルリンを旅し、ホモセクシュアルが集まるナイトクラブに入り浸っていた。同年にパリのギャルリーパルル・ローゼンベルグで見たピカソ展に影響を受け、無料の絵画講習を受け、素描や水彩を描き始める。また、パリ近郊のシャンティイにあるコンデ美術館で、プッサンの《嬰児虐殺》に描かれた「叫び」を見て、感銘を受けている。
 1939年ヨーロッパ戦争が勃発するが、フランシス・ベーコンは喘息の病で、軍隊を除隊される。1941年、ハンプシャーで絵を描いて過ごしたのち、ロンドンに戻る前に、画家ルシアン・フロイド(祖父は精神分析医のジークムント・フロイト)と知り合う。
 終戦の年の1945年、彼の秀作となる三幅対の《ある磔刑の基部にいる人物像のための三習作》(c1944年)をロンドンのルフェーヴル・ギャラリーで発表する。
 1960年代70年代、ニューヨーク・マンハッタンのソーホー地区の中心的なアーティストとなった。

Francis_bacon_museo_de_prado_catalo
プラド美術館(マドリッド)で開催された「フランシス・ベーコン展」カタログ
Museo de Prado, 2009
28 x 24.5 cm 300頁 スペイン語テキスト
5,270円(海外発注)

Leon_trotsky_study_museo_de_leon_tr
レオン・トロツキーの書斎(レオン・トロツキー美術館、メキシコ・コヨアカン)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ