« Carlos Cruz-Diez カルロス・クルス=ディエス | トップページ | 中村隆之×港千尋 真紅の本が語る ―カリブの島々、いくつもの場所 『カリブ-世界論』(人文書院)刊行記念 "Caribbean-World Theory" »

2013/09/28

MARIANO: EL DIBUJO CONSTANTE マリアーノ:不変のデッサン

MARIANO: EL DIBUJO CONSTANTE. OBRAS DEL MUSEO NACIONAL DE
BELLAS ARTES. COLECCIÓN HAVANA CLUB, SEPTIEMBRE 2000.

La Habana: Colección Havana Club, 2000. 1st ed. Large 4to, wrps, 51 pp., semi glossy stock, color illus. Paperback. New.
6,310円(海外発注)

Chronology of artist José Mariano Manuel Rodríguez Alvarez, with 26 beautiful illustrations of his works

Mariano Rodríguez (José Mariano Manuel Rodríguez Alvarez)
マリアーノ・ロドリゲス
1912年8月24日、キューバ・ハバナ生まれ、1990年5月26日没。

 シュールレアリスとフォーヴィズムのスタイルで描く鶏が特徴のキューバ人画家。1928年、ハバナ中等教育学校(Instituto de Segunda Enseñanza de la Habana)に入学。その後、静物デッサンと彫塑デッサンを学ぶ為、サン・アレハンドロ造形芸術学校(Escuela de Artes Plásticas de La Habana San Alejandro)に進む。1936年、芸術雑誌「リトモ(Ritmo)」のアート・ディレクターとなる。1938年、第2回全国絵画彫刻展(II Exposición Nacional de Pintura y Escultura)に初出品する。
 メキシコ・シティの芸術院で1938年に開催された作家美術家全国会議(革命的作家美術家同盟-Liga de Escritores y Artistas Revolucionarios、通称LEARによって召集された)に参加する。 同年、キューバに戻り、画家彫刻家自由研究会(Estudio Libre de Pintores y Escultores)を結成し、壁画芸術の指導者として、他の美術分野での補佐訳として活動を行った。
 マリアーノ・ロドリゲスの絵画作品は、評論家たちから、豊かで陽気でダイナミックと評されていた。

Jos_mariano_manuel_rodrguez_alvarez

« Carlos Cruz-Diez カルロス・クルス=ディエス | トップページ | 中村隆之×港千尋 真紅の本が語る ―カリブの島々、いくつもの場所 『カリブ-世界論』(人文書院)刊行記念 "Caribbean-World Theory" »

Art Book/美術洋書」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ