« スペイン美術 Spanish Art | トップページ | Francisco Durrio (1868-1940) Sobre las huellas de Gauguin フランシスコ・ドゥリオ(1868-1940) ゴーギャンの痕跡 »

2013/08/23

森美術館 MAMプロジェクト/ガブリエル・アセベド・ベラルデ MAM Project by Mori Art Museum: Gabriel Acevedo Velarde

 森美術館(東京都港区)は、世界で芽生えている多才なアーティストを紹介する小規模な個展シリーズ「MAMプロジェクト」を開催している。9/21(土)に開幕する「MAMプロジェクト019:エムレ・ヒュネル」に続くラインアップが決定した。「MAMプロジェクト020」はペルーのアーティスト、ガブリエル・アセべド・ベラルデを取り上げる。

■「MAMプロジェクト019:エムレ・ヒュネル(1977年イスタンブール生まれ)
会期:2013/9/21(日)-2014/1/3(月・祝)
会場:森美術館   東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
入場料:一般1,500円
企画:椿 玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)

 科学、戦争、テクノロジー、建築などの歴史を踏まえ、危うさをはらんだ文明社会、その延長線上にある未来について問いかける作品を制作する。

■「MAMプロジェクト020:ガブリエル・アセベド・ベラルデ」
会期:2014/2/1(土)-5/6(日)
会場:森美術館   東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
企画:荒木夏実(森美術館キュレーター)

 ガブリエル・アセべド・べラルデ/Gabriel Acevedo Velarde(1976年、ペルー生まれ)は、リマとメキシコシティで美術と写真、映像を学び、アニメーションなどのビデオ作品を始め、ドローイングや立体作品、インスタレーションなど多様な手法を用いて表現します。現在はベルリンに在住し、南米やアメリカ、ヨーロッパ各地で作品を発表している。
 監視によって個性が奪われる社会の仕組みを巧みに描いたアニメーション作品や、公共の場所に置いてありそうな立体作品など、アセべドは個人と集団、公共との関係性に注目します。森美術館では、映像の新作を発表する予定。

■「MAMプロジェクト021:メルヴィン・モティ」
会期:2014/5/31(土)-8/31(日)

 メルヴィン・モティ(1977年、オランダのロッテルダム生まれ)は、ヨーロッパ各地を拠点に、映像、立体作品、インスタレーション、書籍などを制作するコンセプチュアル・アーティスト。
本展では、ロシア宇宙主義者のアレクサンドル・チジェフスキーに着想を得た新作を発表予定。

■「MAMプロジェクト022:ヤコブ・キルケゴール」
会期:2014/9/20(土)-2015/1/4(日)

 ヤコブ・キルケゴール(1975年、デンマーク生まれ)は、エネルギーとしての振動、時間、音、そして聴覚の科学的かつ美的側面をテーマに活動しています。本展では、福島第一原子力発電所事故などをテーマに新作を発表予定。

« スペイン美術 Spanish Art | トップページ | Francisco Durrio (1868-1940) Sobre las huellas de Gauguin フランシスコ・ドゥリオ(1868-1940) ゴーギャンの痕跡 »

Art Exhibition/展覧会」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ