« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/22

洋才書魂 129 アルゼンチン美術/Yosai Shokon 129 Argentine Art

129argentine_art2013021

2013/02/18

メキシコの大地に生きる画家 竹田鎮三郎展/Shinzaburo Takeda

Takeda_shinzaburo


 メキシコ在住の画家竹田鎭三郎の叙勲受章(2012年)を記念した展覧会が東京で開かれている。
 竹田鎭三郎は、1935年愛知県瀬戸市で生まれ、1957年に東京藝術大学美術学部絵画学科油画専攻を卒業、同年第1回東京国際版画ビエンナーレ展に入選する。北川民次の弟子となり、1963年、メキシコ美術の「魔術的リアリズム」を見るため、メキシコに渡航する。1977年まで、メキシコシティのMuseo Nacional de las Culturasにおいて版画家として画家として創作を行う。その間、メキシコ各地のインディヘナたちに会い、彼らの祭りや日常生活を描いた。1987年からオアハカに定住し、Escuela de la Universidad Autónoma Benito Juárez de Oaxaca (UABJO)の美術教授となる。1980年には、Escuela de Bellas Artesの造形美術学科長に任命される。2002年、同校のアカデミックコーディネーターとなる。約60年間にわたり多彩な作品を生み出してきた。
 本展では、新作を含めた油彩、版画作品を展示する。。

2012年秋の叙勲記念「メキシコの大地に生きる画家 竹田鎮三郎展」

会期:2013年2月15日(金)~19日(火)
時間:11:00~19:00(最終日17:00まで)/ 会期中無休
会場:プロモ・アルテギャラリー2階全展示場
協力:プロモ・アルテ ラテンアメリカン・アートギャラリー

プロモ・アルテギャラリー
東京都渋谷区神宮前5-51-3 GALERIA2F
TEL:03-3400-1995


Entrevista a Shinzaburo Takeda en el marco de la inaguración de la Segunda Bienal Nacional de Artes Gráficas Shinzaburo Takeda. (2010年)

2013/02/11

『佐野碩と世界演劇―日本・ロシア・メキシコ “芸術は民衆のものだ”―』展/el maestro SEKI SANO

El_maestro_seki_sano1

El_maestro_seki_sano2

『佐野碩と世界演劇―日本・ロシア・メキシコ “芸術は民衆のものだ”―』展

会期 2013年3月1日(金)~5月22日(水)
     ※休館日:4月28日(日)~5月5日(日)
会場 早稲田大学演劇博物館2F 企画展示室Ⅰ
     〒169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1 
     TEL.03-5286-1829
入場料 無料

el maestro SEKI SANO
“革命歌「インターナショナル」の訳詞者” “日本前衛芸術運動の旗手村山知義の盟友”
“ロシア・アヴァンギャルドの奇才メイエルホリドの助手”
“政治家後藤新平の孫” “5000人の俳優を育てたメキシコ新劇運動の牽引者”

 革命と戦争に揺れた20 世紀前半の世界を一人の演出家として駆け抜けた日本人、佐野碩(さの・せき1905-1966)。彼の生涯を追った日本で初めての企画展示「佐野碩と世界演劇―日本・ロシア・メキシコ“芸術は民衆のものだ”」が開催される。
 佐野碩は若くして日本のプロレタリア演劇の中心的な演出家として活躍。 1930 年代初頭にソ連に渡ると演出家メイエルホリドの助手を務め彼の演劇的手法をつぶさに学ぶ。その後、スターリン粛清を逃れメキシコへ。テネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』やアーサー・ミラーの『るつぼ』など数々の質の高い舞台を作り出すとともに多くの俳優を育て、メキシコ現代演劇の発展に貢献した。
 本展では演劇博物館蔵資料を始め、ロシア、メキシコの各研究機関や関係者の協力を得て、彼の世界各国に及ぶ足跡をたどる。また、上記の人々以外に、村山知義や千田是也、スタニスラフスキー、ピスカートアなどの演劇人たちとの交流を紹介。20世紀の世界演劇を再検討する。

【関連演劇講座】
『佐野碩、演劇で世界に勝負を挑む!日本からロシア・欧州へ、そして北米・南米へ』 
日時 3月1日(18時~) 佐野碩再考
    3月2日(13時~) 日本からロシアへ、左翼演劇の可能性を求めて
    3月3日(13時~) メキシコの佐野碩
会場 3月1日=早稲田大学小野記念講堂 (定員200名)
    3月2日・3日=8号館B101教室 (定員300名)
入場無料・予約不要
*日本・ロシア・メキシコの研究者によるシンポジウムと映像の上映を行います。 

【佐野碩映像上映会】
上映作品 1960年代の佐野碩映像『ラ・コロネラ』ドキュメンタリー(メキシコ制作)他
※開催日時・会場は決定され次第、早稲田大学演劇博物館のホームページに告知予定。
入場無料・予約不要

2013/02/10

Order, Chaos, and the Space Between/秩序、混沌と、その狭間

Order_chaos_and_the_space_between_p
Carlos Amorales (Mexico, b. 1970), Black Cloud, 2007. 25,000 paper moths. Diane and Bruce Halle Collection.


Order_chaos_and_the_space_between_2
Carlos Cruz Diez (Venezuela, b. 1923), Transchromies, 1965/2008. Plexiglas and metal. 6 modules: 33 1/2 x 14 x 86 1/2 inches each. Diane and Bruce Halle Collection.

Order_chaos_and_the_space_between_3
Felix Gonzalez-Torres (Cuba, 1957- United States, 1996), "Untitled" (Rossmore II), 1991. Green candies, individually wrapped in cellophane, endless supply. Diane and Bruce Halle Collection.

 第二次世界大戦後の時期を含めた、今日のラテンアメリカで制作された最先端の作品が展覧される。重要なラテンアメリカアートコレクションとして国際的に知られているHalle Collectionのなかから、Gego、Félix Gonzalez-Torres、Matthias Goeritz、Jorge Macchi、Hélio Oiticica、Doris Salcedoなど、コンテンポラリーアートのシーンにおいて傑出したアーティストたちの、50点を超える作品を紹介する。

Order, Chaos, and the Space Between
Contemporary Latin American Art from the Diane and Bruce Halle Collection

February 6, 2013 to May 5, 2013
Phoenix Art Museum (Steele Gallery), Arizona, USA

Drawn from the internationally renowned Diane and Bruce Halle Collection, Order, Chaos, and the Space Between presents contemporary, cutting edge works by Latin American artists who question the nature of the creative process. Whether working on canvas, in sculpture, photography, video, or installation, these radical innovators have transformed traditional artistic languages into new ways of creating and conceiving works of art. The works presented in this exhibition showcase the means by which artists working in Latin America have overcome their geographic marginality to initiate artistic currents that resonate on an international scale. This exhibition is not a survey of Latin American art, but rather a snapshot of the dynamic Halle Collection at a particular moment in its continuing history. It provides a window into many of the most significant trends in Latin American art from the mid-20th century to the present day.

The Halles began collecting art from Latin America in 1995, aiming to explore for themselves and also to make the public more aware of the remarkable art production of this long under-recognized region. Selected with a keen eye, the collection they have created consists of modern and contemporary art created by artists throughout Latin America. This exhibition of the collection will help to foster greater awareness of many groundbreaking 20th and 21st century Latin American artists and the tremendous scope of their creative endeavors. Order, Chaos, and the Space Between is co-curated by Dr. Beverly Adams, curator of the Diane and Bruce Halle Collection, and Dr. Vanessa Davidson, Shawn and Joe Lampe Associate Curator of Latin American Art at Phoenix Art Museum.

Cristina Iglesias: Metonimia 彫刻家クリスチナ・イグレシアスの回顧展

Crisiana_iglesias_coredor_suspendid
Cristina Iglesias, Coredor Suspendido III, 2006. Hierro dulce trenzado y cable de acero, 740 x 425 cm. Coleccion particular.

Cristina_iglesias_sin_titulo_1997
Cristina Iglesias. Sin título (Celosía II), 1997

Cristina Iglesias: Metonimia/クリスチナ・イグレシアス:メトニミー(換喩)

Fechas: 6 de febrero – 13 de mayo de 2013
Lugar:  Museo Reina Sofía (Edificio Sabatini, Planta 1)
Organización: Museo Reina Sofía
Comisariado: Lynne Cooke

王立ソフィア美術館で、彫刻家クリスチナ・イグレシアス(サン・セバスティアン、1956年生)の現在に至るまでの大回顧展が開催されている。1980年代半ばから現在までの50点を超える作品を展示し、作家の幅広い制作活動を紹介する。

Cristina Iglesias (San Sebastián, 1956) inició sus estudios de arte en Barcelona explorando el campo del dibujo y la cerámica, formación que completó en la School of Arts de Londres a principios de los años ochenta. Es durante esta década cuando su carrera emergió dentro de la institución artística favorecida por la presencia en eventos como la Bienal de Venecia, en la que es seleccionada para representar a España en los años 1986 y 1993. Posteriormente, la exposición individual que le organizó el Guggenheim Museum de Nueva York en 1997 supuso su definitiva consagración en el ámbito internacional. A esta le seguirán otras muestras en significativos espacios artísticos y una atención hacia sus trabajos por parte de las colecciones de algunos de los principales museos del mundo.

La exposición organizada por el Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía, conformada por más de cincuenta piezas, supone la mayor retrospectiva que se ha realizado hasta la fecha de esta artista, desde sus inicios hasta la actualidad. A lo largo de estas tres décadas, Cristina Iglesias ha mostrado un decidido interés por redefinir lo escultórico como un campo expandido que sirve para cuestionar lo objetual en sus relaciones con lo espacial y lo arquitectónico. Sus esculturas se integran con la arquitectura del lugar en el que se ubican, estableciendo un juego en el que la realidad y la apariencia se entrelazan. Creaciones que generan de este modo sugerentes mundos ficticios y abandonan sus fines utilitarios para convertirse en escenografías que propician una observación reflexiva. Intersecciones entre lo natural y lo cultural, sombras, cascadas, remolinos y follajes, en las que la idea de refugio resulta la metáfora más recurrente.

La trayectoria de esta artista se caracteriza por una incesante inquietud en el estudio de una gran diversidad de materiales (alabastro, tapiz, cristal, resina, aluminio, bronce, hierro, cemento, madera, hormigón…) e incluso el agua aparece como un elemento escultórico más, protagonista de algunos de sus proyectos públicos que son recogidos en la serie de vídeos que se exhibe bajo el título de Guided Tours. La propuesta expositiva se completa con una panorámica de sus serigrafías en cobre y tela.

2013/02/03

天使の写真 La Fotografía de Angelito

 140年近く前に、メキシコからグアテマラに渡った写真師・屋須弘平が残した写真に、幼児を抱いたマリア像がある。見た当初は、気が付かなったのだが、マリア像は亡くなった幼児を抱いていたのだ。他にも、家族と思われる人々に囲まれて、床の上で、安らかに横たわる死亡した幼児を屋須弘平は撮影している。

 亡くなった幼児を写真にして残す風習は、過去ヨーロッパとラテンアメリカの一部にあったことを後々聞いた。どののようなルーツがあるのだろうか。

 昨年、死児写真を調べている研究者に会う機会があった。今月15日から、その研究者がコレクションした写真の展覧会とトークイベントが開催される。

天使の写真 La Fotografía de Angelito

会期 2013年2月15日(金)-17日(日)
    12:00-19:00 入場無料

会場 blanClass       
    神奈川県横浜市南区南太田4-12-16 〒232-0006
    アクセス【京浜急行線ー品川駅から約35分、横浜駅から約15分】
京浜急行[井土ヶ谷駅](横浜駅から普通下り5駅)改札出て正面の信号わたりすぐを  左折、一つ目の交差点を右折、二つ目の角を左折、三井のリパーク後ろ、blanClass看板がある細い段々を上がって右の建物2階

Blanclass_map

■トークイベント
小林あんぬ(写真文化論)X新井卓(写真家)
2月16日(土) 19:30から
入場料1000円(学生800円)

小林あんぬ
Annu Kobayashi (写真文化論・メディア社会学)
早稲田大学文学研究科社会学専攻博士課程修了。2004年より、メ
キシコ(グアナファト州)で死児写真に関する調査を行う。現在、東京綜合写真専門学校非常勤講師。

新井卓
Takashi Arai (写真家)
1978 年川崎市生まれ。写真黎明期の技法・ダゲレオタイプ( 銀板
写真)を独自に習得し制作活動を展開、内外の美術館・ギャラリー等で作品を発表しつづけている。

Fotografia_del_angelito_front

Fotografia_del_angelito_back

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ