« Arte y política en España : 1898-1939  [スペインの政治と美術 1898-1939] | トップページ | Revelations. The History of the Photobook in Latin America [新発見 ラテンアメリカの写真集の歴史] »

2012/07/01

NHK 日曜美術館 「この画家の見たもの 礒江毅 写実の眼」

NHK ETV
日曜美術館
放送日 2012年7月1日 午前9時~午前10時
放送日 2012年7月8日 午後8時~午後9時(再放送)

「この画家の見たもの 礒江毅 写実の眼」

出演
アントニオ・ロペス・ガルシア(画家)
木下亮(昭和女子大学教授)

鬼気迫る迫真の描写力によって、画面に漂う独特の神秘性まで描き上げた、磯江毅(1954~2007)。
日本が生んだリアリズム絵画の鬼才であり、近年、スペインと日本を中心に国際的に高い評価を受けた画家だ。昨年は没後初となる本格的な回顧展が開かれ大きな話題となった。
1954年、大阪に生まれた磯江は、19歳の時、スペインに渡り、かの地で約30年に渡り、写実絵画を探求し続けた。その間スペイン最大のコンクールで優勝。89年には、35歳で「14人のリアリズムの巨匠」にも選出される。磯江の特徴の一つは、卓越した色彩感覚、精緻な質感表現など、スペインの写実画家たちも、舌を巻く程の観察眼と技術力の高さだ。磯江にとって写実とは、外観を似せて描くのではなく、「なぜそこに存在するのか?」というところまで、対象を「見て、見つめて、見極める」ことである。それは、突き詰めれば、「なぜ私はここにいるのか?」という、果ての無い問いでもある。磯江は、2007年、ガンで53歳の生涯を閉じた。磯江が写実を通して凝視し続けた「存在すること」の答えは何であったか。リアリズムの神髄を探る。[NHKサイトより]
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights

Isoe_tsuyoshi_1_2
「深い眠り」
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights

Isoe_tsuyoshi_2
「19世紀タラベラ焼と葡萄(ぶどう)」
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights

Isoe_tsuyoshi_3 
「Vanitas(虚栄)と私」
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights

■「磯江毅 写実考」展
会場 河口湖ミューズ館・併設展示室
    山梨県南都留群富士河口町小立923八木崎公園
    電話 0555-72-5258
会期 2012年3月24日(土)-9月26日(水)
    入場料 一般・大学生600円/高校・中学400円/小学生以下無料
    9:00-17:00(入館は16:30まで)
    休館日 木曜(祝日の場合は開館)

Isoe_tsuyoshi_zouho
増補 磯江毅|写実考 
美術出版社 2011
230ページ 28.2 x 23.2 x 2.6 cm
3,990円(税込)

■磯江毅展
会場 彩鳳堂画廊
    東京都中央区銀座6-7-7第3岩月ビル3階
    電話 03-3575-0960
会期 2012年7月4日(水)-31日(火)
    10:00-19:00 土日祝祭日休廊

« Arte y política en España : 1898-1939  [スペインの政治と美術 1898-1939] | トップページ | Revelations. The History of the Photobook in Latin America [新発見 ラテンアメリカの写真集の歴史] »

Art Topics/アートの紙魚」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ