« Entrevista a Antonio López | トップページ | 洋才書魂124號《スペイン美術-リアリズム絵画》と追加タイトル »

2012/03/19

スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会

2012年度のスペイン・ラテンアメリカ美術史研究会の総会、講演会、研究発表会が、4月14日(土)に神奈川大学横浜キャンパスにて開催される。

sandclock 日時:4月14日(土)午後1時~5時

school 場所:神奈川大学 横浜キャンパス1号館804教室
      神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1

one 総会 午後1時~1時55分
  2011年度の活動報告と2012年の活動予定ほか

two 基調講演 午後2時00分~3時00分(予定)
  「ディエゴ・リベラの歴史的位置づけ」
 加藤薫氏(神奈川大学)

three 研究発表1.3時15分~4時00分 (予定)
  「18世紀後半のスペイン美学とゴヤ」
 増田哲子氏(獨協大学)

four 研究発表2.4時05分~4時50分 (予定)
   「《ゲルニカ》とグリーンバーグ批評―アメリカにおけるピカソ受容とその功罪」
 久保田有寿氏(早稲田大学文学学術院博士後期課程)

« Entrevista a Antonio López | トップページ | 洋才書魂124號《スペイン美術-リアリズム絵画》と追加タイトル »

Art Topics/アートの紙魚」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ