« Antonio López アントニオ・ロペス | トップページ | Jesús Rafael Soto ヘスス・ラファエル・ソト »

2012/01/29

Historias Sagradas. Pinturas religiosas de artistas españoles en Roma (1852-1864)

聖史 スペイン人画家の宗教絵画:ローマ、1852-1864年

会場 プラド美術館 コレクション展示室60 (スペイン、マドリッド)
会期 2012年1月23日-2013年1月27日

Luis_de_madrazo_18251897entierro_de
ルイス・デ・マドラソ(Luis de Madrazo) 1825-1897
《Entierro de Santa Cecilia en las Catacumbas de Roma/ローマのカタコンベにおけるサンタ・セシリアの埋葬》
1852 油絵、キャンバス 300 x 252 mm

Alejo_vera_18341923entierro_de_san_
アレホ・ベラ(Alejo Vera) 1834-1923
《ローマのカタコンベにおけるサン・ロレンソの埋葬/Entierro de San Lorenzo en las Catacumbas de Roma》
1862 油絵、キャンバス 224 x 233 cm

Domingo_valdivieso_18301872el_des_3
ドミンゴ・バルディビエソ(Domingo Valdivieso) 1830-1872
《キリスト降架-El Descendimiento》
1864 油絵、キャンバス 254 x 343 cm

Eduardo_rosales_18361873estigmatiza
エドゥアルド・ロサレス(Eduardp Rosales) 1836-1873
《サンタ・カタリナ・デ・シエナの聖痕、イル・ソドマの複写/Estigmatizacion de santa Catalina de Siena, copia de Il Sodoma》
1862 油絵、キャンバス 214 x 134 mm

Eduardo_rosales_18361873tobas_y_el_
エドゥアルド・ロサレス(Eduardp Rosales) 1836-1873
《トビアスと天使/Tobias y el angel》
1858-1863 油絵、キャンバス 198 x 118 mm

 修復されて間もないマドラソ(Madrazo)、ロサレス(Rosales)、アレホ・ベラ(Alejo Vera)、ドミンゴ・バルディビエソ(Domingo Valdivieso)の優れた絵画作品を集めている展覧会。彼らはその時代の名声を得て、ナザレ派の源流である洗練された後期ロマン主義的純粋主義から新たな絵画写実主義に向かって歩みだした。
 プラド美術館19世紀絵画保存チーフのホセ・ルイス・ディエス(José Luis Diez)とコレクション部チーフのハビエル・バロン(Javier Barón)によって選り抜かれた作品は当時ばかりでなく、19世紀後半から1930年代まで重要性を持っていた。美術史家を含めて一般の人にほとんど知られていなかった作品が目の前に甦る。

 ルイス・デ・マドラソ(Luis de Madrazo)の《Entierro de Santa Cecilia en las Catacumbas de Roma/ローマのカタコンベにおけるサンタ・セシリアの埋葬》には、アカデミックな純粋主義絵画の成功が認められる。カタコンベ(地下墓所)の考古学的発見があってこの絵に結びついた。またカタコンベでの埋葬をテーマにした最初の作品であると考えられる。マドラソのこの作品は、アレホ・ベラ(Alejo Vera)の繊細な絵《ローマのカタコンベにおけるサン・ロレンソの埋葬/Entierro de San Lorenzo en las Catacumbas de Roma》のように、アカデミックな写実主義絵画に道を開いた。アレホ・ベラは、作品に究極の写実性を持たせるためにマドラソを手本とした。そして、ドミンゴ・バルディビエソ(Domingo Valdivieso)の感動的な作品《キリスト降架-El Descendimiento》で頂点を極める。バルディビエソの作品にはイタリア絵画を源流とする影響が強い。マドリッド出身のエドゥアルド・ロサレス(Eduardp Rosales)は、青年時代にイタリアで描いた二点の宗教画《トビアスと天使/Tobias y el angel》と《サンタ・カタリナ・デ・シエナの聖痕、イル・ソドマの複写/Estigmatizacion de santa Catalina de Siena, copia de Il Sodoma》のなかで、純粋主義絵画の最後を表現し、ディエゴ・ベラスケスを源流とする写実主義を浸透、定着させるためには欠くことができない画家である。

« Antonio López アントニオ・ロペス | トップページ | Jesús Rafael Soto ヘスス・ラファエル・ソト »

Art Exhibition/展覧会」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ