« メキシコ近代美術の作家たち カルロス・オロスコ・ロメロ Carlos Orozco Romero | トップページ | メキシコ近代美術の作家たち アグスティン・ラソ Agustín Lazo »

2011/11/30

メキシコ近代美術の作家たち マリア・イスキエルド Maria Izquierdo

one TRUE POETRY, THE ART OF MARIA IZQUIERDO
Ferrer, Elizabeth. New York,: Americas Society Art Gallery,, May 6-July 27,1997; Santa Barbara Museum of Art, September 27-December 28, 1997; Corpus Christi, Art Museum of South Texas, January 13-March 8, 1998,. 29cm. Elizabeth Ferrer, Curator. 127p b/w and color plates, ports., bio., bibl., cat., pict. wrps. Izquierdo, (b. Mexico 1902-1955) one of Mexico's best known artist, is a master of intensly colored easel and watercolor paintings. Member of Mexicos mural renissance, she was the first Mexican woman to have a solo exhibition in the Art Center of New York in 1930. Influenced by Diego Rivera, her works are unique and powerful works of art . The book contains 64 color illustrations. Very little monographic material is available; this is a good contribution to the literature. ENGLISH AND SPANISH TEXT.

two UN ARTE NUEVO: EL APORTE DE MARÍA IZQUIERDO = A NEW ART: THE CONTIBUTION OF MARIA IZQUIERDO
México, D.F.,: Centro Cultural Universitario Tlatelolco, UNAM, Mexico, DF, 10 noviembre 2007 - 4 de mayo, 2008; Instituto Cultural Cabanas, Guadalajara, Jal., 22 de mayo 2008 - 24 de agosto 2008; Museo de Arte Contemporaneo, Monterrey, NL, 3 octubre - 18 enero 2009,, 2008,. 28x22cm. Colección Blaisten 93,(ix)p color plates, port. frontis, cat., bibls., color pict. fldg. wrps Exhibition that brings together an important selection of Maria Izquierdo's (b. San Juan de los Lagos, Jalisco 1902 -1955) work, mostly from the private collection of Andrés Blaistein and now part of the holdings of the National University of Mexico. This complex artist created a very personal body of work, where she passionately draw scenes marked by symbolic elements and constant references of motherhood, childhood memories, the circus, vernacular landscapes and popular culture. "Published on the occasion of the exhibition A New Art: The Contribution of Maria Izquierdo"-T.p. verso. LIMITED EDITION OF 1000.

art MARÍA IZQUIERDO (1902-1955年) マリア・イスキエルド ハリスコ州サン・フアン・デ・ロス・ラゴス生まれ。若くして結婚、2児の母親となるが、離婚。メキシコシティの国立美術学校に入学すること決心する。同校でゲルマン。ゲドビウスに師事。1929年メキシコシティで初の個展。ほどなくニューヨークのアートセンターに作品が展示される。メキシコを訪れていた詩人アントナン・アルトーの友人としてシュルレアリスムの考え方を受け入れる。アヴァンギャルド思想とメキシコ近代美術の主流派傾向の影響を受けて、独自の道を見出す。祭壇の装飾や奉納物、19世紀の静物画ジャンルなどの多くの人に親しまれている美術を研究、再評価し、絵画に反映させる。壁画制作に取り組んだが、障害があって完成させることはできなかった。メキシコシティはリベラ、シケイロスなどの大物男性壁画家の独断場たったために、女流画家の出る幕はなく努力は報われなかった。この時の挫折感は彼女の半生に深く影響を与えた。

mail 価格等はお問い合わせください。

« メキシコ近代美術の作家たち カルロス・オロスコ・ロメロ Carlos Orozco Romero | トップページ | メキシコ近代美術の作家たち アグスティン・ラソ Agustín Lazo »

Art Book/美術洋書」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ