« メキシコ近代美術の作家たち フェルミン・レヴエルタス Fermín Revueltas | トップページ | メキシコ近代美術の作家たち アブラハム・アンヘル Abraham Angel »

2011/11/25

メキシコ近代美術の作家たち ルフィーノ・タマヨ Rufino Tamayo

one MEXICAN FOLK-WAYS. Vol. VII. No. 2
Mexico, 1932. [54] pages. Illustrated. 11 x 8 1/2 inches. Pictorial wrappers by Diego Rivera; one small chip at head of spine. A fine, bright copy.
The bilingual periodical edited by Francis Toor, with Diego Rivera as art editor. This issue contains articles on "Ancient Games" by Alfonso Caso, "Children's Games" by Francis Toor, "Rufino Tamayo" by Howard Parker, and the picture lotteries by Jose Nunez y Dominguez.

Rufino_tamayo_2

two Tamayo, Rufino EARLY SPRING
Etching and intaglio, 1941. 13 7/8 x 10 5/8 inches; 354 x 270 mm. Edition of 4. Signed, titled and numbered in pencil. In excellent condition with a small repaired area in the extreme left margin, away from the image. It is likely that Tamayo did this atypical experimental print while working with S. W. Hayter in New York in 1941. Tamayo moved to New York In 1936 and in the late thirties and early forties he exhibited at the Valentine Gallery. He taught at the Dalton School in New York from 1938, and went back to Mexico in 1956. Tamayo developed a printmaking technique called "mixografia" through which he created images with dimension and texture; the intaglio work on this print, is likely an early example of his efforts toward this objective.

art Rufino Tamayo(1899-1991年) ルフィーノ・タマヨ インディオが最も集まるオアハカ州生まれ。国立美術学校で短期間学生生活を送る。印象派、後期印象派などパリの画風の絵画を試みる。メキシコ・ルネッサンス運動に積極的に参加、同時代の美術的主義、特に恋人で仕事仲間でもあったマリア・イスキエルドと歩みをともにした。壁画制作をした後、ニューヨークに住む。自己の民族的出自とメキシコ絵画の近代性を忘れることなく、国際的な前衛主義運動に加わり、ピカソやマティスの作品を研究する。第二次世界大戦後、広島の原爆投下、戦後の冷戦に心乱された彼の作品には、人間の残虐きわまる暴力や新たな宇宙の力の解放があらわされている。

mail 価格等はお問い合わせください。




« メキシコ近代美術の作家たち フェルミン・レヴエルタス Fermín Revueltas | トップページ | メキシコ近代美術の作家たち アブラハム・アンヘル Abraham Angel »

Art Book/美術洋書」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ