« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/25

もうひとつの美術館

レクチャー付き映画会「もうひとつの美術館」

絵画を介して自分と自分を取り巻く世界について
考え始める子どもたちの姿を追う

美術館の入り口から入った子どもたちは、単なる美術鑑賞のステージから
やがて、絵画作品との対話へのステージと進む…。美術館を出た彼らはどのように変わっていくのだろうか

上映映画

■ミュージアム・トリップ<鎌倉の立てる像たち・拝啓鬼様>(22分)
   企画:稲庭彩和子・高松智行/監督:森内康博/制作:㈱らくだスタジオ
    制作年:2009年/協力:国立情報学研究所
*ドイツ「ワールドメディアフェスティバル2011」ドキュメンタリー部門入賞

■もうひとつの無言館(仮題)(50分)
   企画:高松智行/監督:森内康博/制作:㈱らくだスタジオ
   協力:戦没画学生慰霊美術館無言館/制作年:2011年

映画上映の前後に、高松智行先生(横浜国立大学教育人間科学部付属鎌倉小学校教諭)のお話があります。

日 時: 2011年7月24日(日) 14:00~15:40(開場13:30)
会 場: あーすぷらざ5階 ≪映像ホール≫ JR京浜東北・根岸線本郷台駅徒歩3分
入場料: 無料
定 員: 100名(先着順)
事前申込:  メール k-biennial@earthplaza.jp   FAX 045-896-2299
        電話 045-896-2121 でお申込み下さい。

あーすぷらざ(JR京浜東北・根岸線本郷台駅徒歩3分)
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1

高松智行プロフィール
現在、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校教諭

□2006年~2007年 神奈川県立近代美術館を活用した鑑賞教育
          「鑑賞を柱にした学級経営」
□2007年 戦没画学生慰霊美術館「無言館」を活用した鑑賞教育

□2009年 ドキュメンタリー映画「鎌倉の立てる像たち」「拝啓鬼様」   
      「池の中のアーティスト」企画
            アートプロジェクト「鎌倉なんとかナーレ2009」企画
□2010年 アートプロジェクト「鎌倉なんとかナーレ2010」企画
□2011年 ドキュメンタリー映画「15歳、無言館の体験」企画

1_2

2 

3_2

1_3   Photo

2011/06/19

ラテンアメリカ史研究会開催のお知らせ

日時:  7月17日(日)15時~18時
場所:  上智大学 2号館 10階 ポルトガル語学科共用室(1030号室)


①報告者:竹内 裕樹 氏

報告テーマ:『サンディニスタの変革~革命から政権復帰まで』(仮)

プロフィール:上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科国際関係論専攻博士前期課程2年に在籍中。卒業論文はアメリカのレーガン政権のニカラグア介入要因を外交史の観点から分析しました。修士論文では内戦後のニカラグアに焦点を当て、国際関係の視点と地域研究の視点の両方からニカラグア政治を分析しようと考えています。


②報告者:山元 一洋 氏

報告テーマ:『ブラジル・サンパウロ市における参加型学校運営の実践』(修士論文「ブラジルにおける公教育の民主化:参加型学校運営と市民社 会との関係性」の経過報告)

プロフィール:上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科地域研究専攻博士前期課程に在籍中。研究テーマは、ブラジルにおける公教育の民主化。公立初等教育学校の参加型学校運営に着目し、ブラジルにおける、学校を通した市民の社会参加の構造を経験的に明らかにしようとする研究です。

2011/06/13

洋才書魂 フランシスコ・デ・ゴヤ アップ

フランシスコ・デ・ゴヤ関連の古書、版画を載せた洋才書魂ニュース115ができました。

洋才書魂ニュース 115

2011/06/07

フランシスコ・デ・ゴヤ No.2

洋才書魂 No.115  2011年6月 フランシスコ・デ・ゴヤ No.2

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ