トップページ | チカーノ・アート展 Chicano Art Exhibition »

2002/01/01

加藤薫著「キューバ☆現代美術の流れ」 Kaoru Kato: Artes Plásticas de Cuba

カリブから熱い波が押し寄せる

キューバ美術研究必携の書!

先住民時代から20世紀現代までのキューバ文化がわかる美術通史

 キューバ革命以後の世代に影響を与えたウイフレド・ラムを始めとする、現在、日本や欧米で活躍するキューバ美術作家百余名を紹介。
 スペインの征服によって先住民文化の消滅という悲劇に見舞われたキューバ。かかるアイデンティティー喪失感から、いかに回復し、真に自発的、内発的美術の創造と表現を求めるに至ったか…。先住民時代から二十世紀現代まで、キューバ美術の歴史過程を追う本邦初の試み。

Cuban20art20history

キューバ☆現代美術の流れ
著者 加藤 薫
発行 プロモ・アルテ ギャラリー/ギャラリーGAN
編集 ガレリアリブロ
協力 駐日キューバ大使館
発売 スカイドア

2002年
四六判(A5)並製 332頁
カラー口絵16頁 22点
モノクロ図版約120点
ISBN 978-4915879524

定価3000円(税込み)送料別

【内容】

口絵/図版/地図
カリブ海からやってきたキューバ美術の熱い波(村上龍)

Ⅰ 先住民時代の美術 最初のキューバ人
無土器文化の形成とシボネイ
土器文化の到来とタノイ
Ⅱ 植民地時代の美術 植民地事業の概略
植民地キューバの特色(砂糖;アフリカ奴隷;城塞建築と世俗的社会)
植民地時代の絵画(16、17世紀のキューバ絵画;18世紀のキューバ絵画;アカデミア・デ・サン・アレハンドロ創設と19世紀絵画;19世紀後半の在野の美術作家たち)
Ⅲ 21世紀キューバ美術の流れ 概略
20世紀の幕開け:1900~1920年代前半まで
前衛の第一世代:1920~1930年代 モダニズム第一の波
前衛の第二世代:1940~1950年代 モダニズム第二の波
Ⅳ 革命期のキューバ美術 前衛の第三世代 あるいはキューバ革命の激動期を担った最初の世代
キューバ革命期に育った最初の世代とグラフィック・アート作家たち
Ⅴ キューバ美術の国際化 「ボルメンⅠ」以降のキューバ現代美術
21世紀に向かって
もう一つのキューバ 国外のキューバ人美術作家たち
ハバナ・ビエンナーレについて
あとがき/参考文献/索引

加藤薫のほかの著作物

トップページ | チカーノ・アート展 Chicano Art Exhibition »

Art Project/美術企画」カテゴリの記事

LIBER 2010

  • Liber2010_041
    スペイン国際ブックフェアLIBER マドリッドとバルセロナで交互に開催される。
無料ブログはココログ